歯周病=歯肉の病気  ではありません!!

投稿日:2017年9月22日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

歯周病歯槽膿漏とほぼ同じ意味なので、今回は歯周病と書いていきます)という言葉は多くの方がご存知だと思います。

 

では、歯周病とはどういう病気かご存知ですか?

 

歯周病は歯肉(歯ぐき)の病気ではありません!!

 

歯周病は骨の病気です。

 

歯周病は歯を支えている骨(歯槽骨 しそうこつと読みます)が溶けて無くなっていく病気をいいます。

 

では、どうして骨が無くなるのでしょうか?

 

手や足の骨が溶けて無くなる、というようなことは想像できませんよね。

 

歯槽骨が吸収して無くなる原因となるのが、毎日の磨き残しです。

 

日々の歯ブラシが不十分である結果、磨き残しがたまったり、長期間ついたままになってしまうとプラークとなり、そこに多量に存在する細菌が毒素を発生し、骨を溶かしていきます。

 

またそのプラークを、長期間そのままにしているとプラークが硬くなってしまい、歯石となっていきます(言葉は聞いたことあるのではないでしょうか)。

 

その歯石も骨(歯槽骨)を溶かしていきます。

 

 

歯周病対策(歯周病予防)は、どうすればいいの?

 

歯周病予防は、ここまで読んでいただけたならどうすればいいか、もうお分かりかもしれませんね。

 

歯周病=歯を支える骨が溶ける病気、たくさん溶けると歯がグラグラしてくる

 

骨を溶かす原因=磨き残しの結果できた歯石や細菌

 

だから対策は、歯石や細菌を減らす・ためないようにする。。。

 

そうなりますよね。

 

そうするためには、歯周病対策としてご自宅の歯ブラシや、定期的な歯科医院での歯の掃除が大切になります。

 

楽しく幸せな毎日を送るためにも、歯周病対策を心がけて下さいね。

 

そのためには、歯科医院での定期的な健診・歯石取りが大切です。

 

良ければ参考にしてくださいね。

 

 

歯周病で歯を失いたくない方は、《定期的に》当院へお越し下さい

 

江南市や犬山市・大口町からも来院しやすい、扶桑町 わだち歯科クリニックでは、毎日4~5名の歯科衛生士が地域の皆様の歯周病対策・健康増進のお手伝いをさせていただいています。

 

歯の掃除だけでなく、その方に合ったご自宅でのケア(歯の手入れ)の仕方やその方にお勧めのケアグッズ(歯磨き粉や歯間ブラシなど)の提案も、必要に応じてご提案もさせていただいています。

 

歯科衛生士だけでなく、受付スタッフもケアグッズの知識は十分に持っていますので(先日外部の講師をお招きして、ケアグッズについての院内セミナーをスタッフ全員で聞き、勉強しました)、もしご興味があればお気軽にスタッフに質問もしてください。

 

患者さんは毎日のケアを《ご自身でできる限り(でいいと思っています)》しっかりしてもらう。

 

不十分なところを我々歯科医療従事者がお手伝いさせていただく。

 

わだち歯科クリニックと二人三脚で、歯周病対策(予防)  していきませんか?