予防歯科・歯周病

お薬で歯周病を治す、最新の歯周病治療「歯周内科」

歯周内科

歯周病の原因は細菌感染です。ですから軽度の歯周病治療は比較的治癒率が高いのですが、重度の歯周病の治療は再感染率が高く治癒に時間がかかり、完治の難しい治療の1つでした。そこで登場したのが抗生物質と専用の歯磨き剤を使用して細菌の数を減らし、重度の歯周病を完治へ導く「歯周内科治療」です。まだ導入している歯科医院は多くありませんが、当院では開院時から積極的に取り入れています。

「虫歯にさせない!」当院の予防歯科体制

予防歯科

予防歯科とは、虫歯や歯周病を防ぐための診療科目で、当院が特に力を入れている分野です。日本でも、虫歯を予防する意識が高まっており、当院では患者さま一人ひとりの歯を守るために全力でサポートいたします。ここでは、当院が整えている予防歯科体制について、2つの特徴を取り上げましょう。

①予防のスペシャリスト「歯科衛生士」が多く在籍

歯科衛生士歯科医院にて、虫歯や歯周病の予防処置を行うのは主に歯科衛生士です。

歯科衛生士とは、歯科医師と同じく国家資格を持つ専門家です。歯科衛生士の専門学校や大学で歯科の中でも予防や歯周病治療を専門に学んでいるので、予防に関する高い知識や技術を持っています。

当院は、この予防処置のプロフェッショナルである歯科衛生士を他の歯科医院さんよりも多い4人在籍させ(2016年4月時点)、皆さまにきめ細かな予防歯科処置・指導を行なっております。

②2種類のスケーラーを使って汚れを徹底的に取り除く

スケーラー歯の表面には、歯垢や歯石といった汚れが付着しています。この汚れを取り除くため、歯科医院ではスケーラーと呼ばれる道具を使います。

スケーラーには電動式の「超音波スケーラー」と手動の「ハンドスケーラー」があり、それぞれ異なった特徴があります。

当院では、それぞれのスケーラーの利点を最大限に引き出せるように使い分けています。

  • 超音波スケーラー

    超音波スケーラー超音波によってとても細かい振動を作り出し、歯の表面の広い範囲に付着した歯石や歯垢を短時間で取り除くことができます。

  • ハンドスケーラー

    ハンドスケーラー手で取り除くので、超音波スケーラーと比べると時間がかかりますが、歯と歯の間のように細かい部分の汚れも残さずに取り除くことが可能です。

「痛くなる前に通う」それが歯医者さんとの正しいつきあい方

歯科定期検診

歯が痛くなってから歯科医院に行くと、歯を少なからず削る可能性があります。ですから、治療を最小限に抑えるためには、定期的に歯科医院に通い予防処置を受けていただくことをおすすめします。

わだち歯科クリニックでは、院内で行う歯のクリーニングだけで終わる治療はいたしません。患者さまが無意識のうちに行っている生活習慣が虫歯を引き起こすので、食事・ストレス・仕事の影響など、リスクとなりうるさまざまな要素をカウンセリングし、必要な生活習慣指導を行います。

歯磨き「だけ」では虫歯や歯周病を100%防ぐ事はできません!

歯磨きと虫歯と歯周病

「毎日歯を磨かないと虫歯になるよ」と言われたことはありませんか?歯磨きが大切であることは子どもの頃から教えられており、多くの人が毎日歯をきれいに磨いています。しかし、実は歯を毎日磨いていても、虫歯や歯周病を完全に防ぐことはできないのです。なぜなら、歯にはバイオフィルムと呼ばれる、歯磨きで落としきれない汚れが付着するからです。

バイオフィルムはヌメリのような取りにくい汚れ

バイオフィルムは、台所の三角コーナーに付着するヌメリのようなものだと考えてください。毎日きれいに洗っていても、いつの間にかヌメリがでているのではないでしょうか。これと同じように、歯を毎日磨いていても、しばらくするとバイオフィルムが歯に付着してしまいます。

歯ブラシでは落としきることができず、やがて歯石という石のように硬い汚れになってしまいます。歯石は、虫歯菌が隠れる絶好のポイントになり、歯ぐきに炎症をおこしたり、歯を溶かして虫歯になったりするのです。

sample

放置したバイオフィルムがトラブルを引き起こす

バイオフィルムバイオフィルムには、虫歯菌がぎっしり詰まっています。ですから、放置していると、虫歯や歯周病を進行させてしまう原因になるのです。

そこで、心がけていただきたいのが歯科医院での定期的なクリーニングです。歯科医院では、バイオフィルムや歯垢、歯石を徹底的に取り除く処置を受けられます。

2ヵ月から3ヵ月に1回くらい通っていただくだけで、歯のトラブルを大幅に減らすことが可能です。

「歯が白くなる」予防歯科のうれしい効果

予防歯科と葉の色

予防歯科治療は、虫歯や歯周病を防ぐために行うものですが、実は見た目にも良い効果があるのです。それは、歯が白くなるという効果。歯を白くするというと、審美歯科をイメージされるかもしれませんが、予防歯科でもある程度歯を白くすることが可能です。

着色汚れを徹底的に取り除く!

着色除去歯科で行う予防歯科治療では、歯石や歯垢といった歯の表面に付着している汚れを徹底的に取り除くのが基本です。特に「歯石」は、その名前からもわかるように、石のように固くて歯ブラシでは取り除けない汚れです。

しかも、タバコのヤニやコーヒー、ワインなどによって色がついてしまいます。つまり、歯が黄ばんでいるという症状は、「歯」そのものに色がついているのではなく、「歯石」が着色している可能性があるのです。ですから、予防歯科治療で歯石を徹底的に取り除くと、歯が持っている本来の白さを取り戻すことができるのです。

江南市・犬山市で丁寧な予防歯科治療をご希望の方へ

予防歯科

当院では、予防歯科に徹底的にこだわっています。おかげさまで、江南市・犬山市のみならず、江南市・犬山市市全域から多くの方にご来院いただいております。質の高い予防歯科治療をご希望の方はぜひご相談ください。