かかりつけ歯科医院の必要性

投稿日:2017年3月7日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

今日は予防(メンテナンス)について書いてみます。

 

予防という言葉はだいぶ前からありました。ですがそれらの予防という言葉の意味は、新たな虫歯が無いかを探し、見つかれば早期発見・早期治療という考えのもとに処置を行うことがほとんどだったのでは、と感じます。

 

治療することで、治療したことが全く無い歯よりも虫歯になりやすくなってしまいます。そのためにわだち歯科クリニックでは、新たに虫歯が見つかったとしてもすぐに処置をするのではなく(手を付けるのではなく)、その原因を見つけ、そこにアプローチすることで、虫歯ができる限り進行しないようにしたり、新たな疾患・虫歯の発症を抑える、治療をするにしても必要最小限にすることで、二次的な疾患の発生を極力防ぎやすいようにすることを考慮しています。

 

可能なら、何か症状が出てからクリニックにお越しいただくのではなく、「患者」さんとなる前に皆様とお会いして、口の中の健康維持・健康増進のお手伝いをできることを、本当は望んでいます。

 

歯科の二大疾患と言われる虫歯歯周病

 

虫歯はほとんどの場合は最初は小さな修復物(詰め物)で治します。それが外れたり詰め物の周りに新しい虫歯ができてしまい、やり直しになります。そのやり直しが繰り返されると何度目かの治療で歯の神経を取ることになり、かぶせ物も大きくなり、神経を取ったことで膿みやすくなり、根っこの再治療が繰り返され、結果歯を抜く必要が出てきて・・・・、という悪い循環に入っていってしまう方が少なくありません。

 

ですが虫歯も歯周病も、自然治癒はごく初期なら無くはありませんが、まず難しいですし、歯科医院で虫歯治療をしたとしても削って詰めて終わりとなります。罹患する前と全く同じ状態に戻ったわけではありませんよね。

 

治療する必要がある虫歯を作ってしまったのなら、それは治療するしかありません。ですがなぜ虫歯ができてしまったのか、今後その部分に虫歯を再発させないために、または新たな虫歯を作らないためにはどうすればいいのか・・・、

 

そういうことにもぜひ興味・関心を持ってみてはいかがでしょうか。

 

そういうことを考えてみたい方は近隣の歯科医院を受診してみて下さい。

 

そして信頼できるかかりつけの歯科医院を作って、そこで長期間定期的に通い続けてみて下さい。

 

間違いなく ≪将来への自己投資≫ になるはずです。

 

この長期間定期的に ということが歯の健康を保つためにとても重要だと当院では考えています。

 

同じ医院で通い続けることで、過去から現在、そして未来へとテータが残るからです。

 

歯科医院によりますがその都度必要な検査を行います。その検査結果が蓄積されることが歯科医院での定期検診・メンテナンス(予防歯科)では大切な要素にもなります。

 

メンテナンスに来てくださった方に画一的に全員に同じことをしているわけではありません。人それぞれ確認するポイントは違います。

 

そこを蓄積したデータ・情報で経過を追うことができることがメンテナンス・予防歯科の最も素晴らしいところではないでしょうか。

 

ぜひ、かかりつけ歯科医院を見つけ、そして通い続けて下さいね。

 

 

今日はブラックボードお休みです。

書いたのですが、なぜかアップできません・・・。