矯正治療と抜歯

投稿日:2016年9月27日

カテゴリ:大人向けの歯のお話 子供の歯と歯ならびのおはなし

「矯正するなら抜歯は不可欠ですか?」

 

今日はこの質問について書いてみます。

 

誰だっていくら歯並びがきれいになるとしても、歯は抜かずに済むのなら抜きたくないですよね。

 

 

img_4166_r

 

 

矯正治療で抜歯をする場合、多くの場合は4番目の永久歯を抜きます。初めて当院に来てくださった方の中にも、4番目の永久歯、上下左右合計4本無い方を見ると、「小さいころ矯正治療をしたのかな」と推測してお話を伺っています。

 

成人矯正の場合、抜歯をしてスペースを作り、歯を抜いたことでできた(作った)スペースを利用して歯にワイヤー(針金)をつけて歯を動かすことがほとんどかもしれません。マルチブラケット矯正だとかブラケット矯正、ブラケットと我々は言っています。

 

当院としては、小さなお子様の保護者の方には、お子様の歯並びが気になるなら、そういう抜歯矯正にならないように、お子様が成人になる前に矯正治療に取り組んでもらいたいと考えています。

 

「矯正治療は永久歯が全部生えそろってからするものではないの??」

 

時々聞かれるのですが、当院は決してそうは思っていません。

 

幼稚園の時期や小学生の間にできる矯正方法もたくさんあります。

 

わだち歯科クリニックは、乳歯列期(口の中が全て乳歯の時期)や混合歯列期(乳歯と永久歯とで歯並びができている時期)の頃に矯正治療を始めることを推奨しています。その時期は、矯正装置で歯を動かしやすい時期でもあります

 

いかに歯並びの不正を、問題の小さいうちに解決するか、が重要です。

 

それで解決できれば、抜歯をせずに矯正治療を終えられることも少なくありません。

 

成人の方は、歯並びの状態にもよりますが、抜歯が必要になることが残念ですが多いと思います。

 

子供と違い顎自体の成長発育が終わっているからです。

 

歯を並べる(動かす)スペースを何とかつくる必要があるので、抜歯という手段を取り人為的にスペースを作成するのです。

 

ただもちろん歯並びによっては抜歯をせずに治せることもあり得ます。

 

そこはまずかかりつけの歯科医院の先生に話を聞いたり、歯科医院でしっかり検査や分析を受けてみて下さい。

 

無料相談しています

扶桑イオン扶桑駅栢森駅からもアクセス便利な当院は、簡単な歯並びの相談は無料でさせていただいています。

 

「とりあえず話だけ聞いてみたい、その後矯正治療するか家でゆっくり家族で相談して決めたい」

 

「他の歯科医院で説明を受けたけど、わだち歯科でも話だけ聞いてみたい」

 

こんな方でも大歓迎です。

 

成人矯正の場合は、ワイヤーを用いた矯正治療だけでなく、マウスピースを使って歯並びをそろえていくマウスピース矯正や、成人にも用いることができる取り外し式の矯正治療も行っています。

 

お気軽にお問い合わせください。

 

わだち歯科クリニックは、矯正治療というものの敷居を低くしていきたいと思っています。

 

矯正治療=珍しい治療

 

矯正治療=限られた人がするもの(限られた方しかできないもの)

 

という考え・イメージを払拭していきます。