歯磨き粉

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

今日は(も)、よく定期的にフッ素をつけに来て下さるお子様の保護者の方から頂く質問です。

とくに1~3歳くらいのお子様をお持ちの保護者の方に聞かれます。

「歯磨き粉って使ったほうがいいんでしょうか?」

くどいかもしれませんが、非常によく聞かれます。

歯磨き粉については、使えるなら使った方がいいと思います。

歯磨き粉の中にもフッ素が配合されているものが子供用歯磨き粉の中には多くあります。

フッ素の効果を期待して歯磨き粉を使ってあげて下さい。

ただし、歯磨き粉のフッ素は濃度に限度がありますので、過度な期待はしないで下さい。

フッ素の効果を期待するなら断然歯科医院での定期的なフッ素塗布が効果的です。

なので歯磨き粉については『使うべき』だとは思っていません。

歯磨き粉の一番の目的は食べ物飲み物で着く着色を取る、ことです(もちろん限界はあります)。

時々ですが、保護者の方の仕上げ磨きを嫌がるお子様が、歯磨き粉を使うことによって仕上げ磨きができるようになる、ということもあります。

歯磨き粉についている味の影響でしょう。

残念ながら逆の場合もあります。

歯磨き粉の味を嫌がって、歯磨き粉を使いたがらない、というパターンです。

そういう場合は強引に使わず、お子さまの年齢的成長を待ってまた使ってみてはいかがでしょうか。

ただ歯磨き粉を使うにしても、ブクブクうがいがある程度できるようになってからがいいと思います。

よければ参考にして下さいね。