コロナウイルス感染と歯科医院 ~歯の掃除は必要至急かも~|丹羽郡扶桑町の歯医者・歯科

新型コロナウィルス対策について

キッズコーナー/バリアフリー

駐車場12台/屋根付き駐輪場

名鉄犬山線「扶桑駅」より車で5分

小児矯正

お問い合わせ・ご相談

ママ赤ちゃん子育て教室

スタッフ募集中

050-5210-2184

愛知県丹羽郡扶桑町大字高木 字白山前423番

コロナウイルス感染と歯科医院 ~歯の掃除は必要至急かも~

投稿日:2020年5月7日

カテゴリ:院長の独り言 大人向けの歯のお話

新型コロナウイルス問題によって、一部患者さん(特に歯の掃除・メンテナンスの方)の中で予約をキャンセルする方が全国的にいるようです。

 

当院でも他の歯科医院ほどではないかもしれませんが、少なからず4月はそのような方もいらっしゃいました。

 

いろいろな報道がされているから仕方ないかもしれませんね。

 

「不要不急の外出はできる限り控えましょう」というフレーズ、毎日テレビから聞こえてきます。1日何回も・・・。

 

ただ、果たして今回の新型コロナウイルス感染予防ということで

 

「コロナが落ち着いたら、また歯の掃除に行きます」

 

と予約を延期(または中止)することが正解なのかどうなのか。。。

 

かえって怠ってしまうことで感染しやすくなるということを、今日は書かせていただこうと思っています。

 

※今回の文章は非常に長文です。お時間が無い方や文章を読むのが苦痛な方は読んでいただきたい部分を赤字にしてありますので、その部分だけ読んでみてください。

 

※このメールから2~3回にかけて、新型コロナ対策と歯科治療(歯科医院)について書いていこうと考えています。

 

 

歯の掃除(歯科のメンテナンスや歯石取り)の本来の一番の目的とは??

 

定期的に歯の掃除をする目的・効果について一度考えてみてください。

 

何のために定期的に歯科医院で歯の掃除をすると良いのでしょうか?

 

“磨き残しを取って虫歯になりにくくする”

正解です。

 

“疲れがたまるとよく歯ぐきが腫れるから、定期的に確認してもらいたいしできる限り腫れてほしくないからきれいに保ちたいため”

そういう方もいらっしゃいます。これも間違っていません。

 

ただ歯石取りや歯の掃除を繰り返すというのは、歯周病予防・虫歯予防にもちろんなりますが、それは口の中の細菌叢(細菌の量や質のことだと思って下さい)のコントロールが一番の目的です。

 

それらをコントロールすることで、歯周病対策であったり虫歯予防になるということにつながるのです。

 

口の中の環境が良ければ全身の免疫系統の治癒力をあげる効果があるのは間違いありません。

 

そのような論文・報告はたくさん出ていて、我々歯科医療従事者からすると誰もが知っている事実です。

 

そういうわけで、定期的な口腔内の管理は不要不急ではなく常に行わなければならないことではないでしょうか。

 

歯周病などの重症化予防のための定期管理は、全身状態にも関係します

 

特に高齢者での口腔ケアの中断は、口腔衛生状態の低下による誤嚥性肺炎の発症も懸念されます。

 

《ステイホーム》の結果、アルコールの摂取が増えてしまっている方も少なくないという報道も目にしました。

 

不規則な食生活を避け、口の中を清潔にして細菌数を減らすことが、誤嚥性肺炎や今猛威を振るっている新型コロナウイルス肺炎などのウイルス性疾患の予防につながります

 

 

 

 

新聞記事のご紹介

 

最後に、つい先日の新聞記事をここに載せさせていただきます。

 

 

 

 

内容的に少し難解なところもあると思いますので、簡単に下に要約したものを書かせていただきます。

 

《進行した口腔感染症による免疫機能の低下によって、易感染症リスクが高くなります。したがって歯科医療は新型コロナウイルス感染リスク低下に関係している口腔清掃の良い人はインフルエンザだけでなく、新型コロナウイルス感染リスクも低下するものと考えられている。》

 

《歯科医院及び歯科医療従事者としての患者さんに対しての新型コロナウイルス感染対策は、①スタンダードプリコーション ②発熱している患者さんは、投薬など限定的な対応に ③処置前に抗菌性洗口液によるガラガラうがいをさせる ④診療室の頻繁な消毒と換気 ⑤スタッフに発熱があったら診療室に入らせない

※当院は全て行っています。

 

歯科医療と口腔ケアは新型コロナウイルス感染リスクを低下させると認識して、きちんとした歯科医院内の感染予防をしながら、歯科医療従事者は患者さんの口腔ケア(それがメンテナンスや歯の掃除・歯石取りにあたります)を取り組むように

 

 

最後に・・・

 

予約をキャンセルされた人の中の一部の方の中には、テレビの一部のワイドショーで報道された“歯科医院は感染リスクが高い”という意見を信じて、心配になりそのような行動を取られた方もいらっしゃると思います。

 

我々歯科医療従事者から見れば、明らかにやらせやデマが盛り込められているとすぐ分かるものも少なくありませんでしたが、一般の方では残念ながらその判断ができなくても(正しいかどうかわからなくても)仕方ないと思います。

 

ただ、単純に感染することを心配するために、極力家の外から出たくないという方については当院としては一切否定しません。

 

そういう方は、コロナウイルスが収束して堂々と安心して外出できるようになったと感じられる日を迎えられたら、その後にまた以前のかかりつけ歯科医院で検診で歯の掃除・口腔ケア(お口の中のケア)を取り組むようにして下さい

 

次回のブログでは、《歯科医院は決して他の施設・医療機関より危険ではない》ということを書かせていただこうと思っています。

 

~~~~~~~~

 

(わだち歯科クリニックの感染対策①)

全ての患者さんのグローブや紙コップは使い捨てにしています

_グローブの在庫に頭を抱えている歯科医院もあるようですが、、、。

 

(わだち歯科クリニックの感染対策②)

医療機関専用空気清浄機のパワーアップ

_普段よりハイパワーで動かしています(そのため今までより騒音が気になるようなことがあるかもしれません、すいませんご理解ください)。

 

(わだち歯科クリニックの感染対策③)

三密回避のための工夫

_待合室で人が密集できる限りしないよう、予約の制限・調整は申し訳ありませんがさせていただいております。

 

 

 


トップへ戻る