歯科治療器具の滅菌

投稿日:2018年3月7日

カテゴリ:院長の独り言

先日、当院の滅菌消毒ルームに新しい器械が届きました!!

 

 

 

 

 

患者さんの歯を削る時に使う器具(タービン、と呼びます)を短時間で滅菌できる優れものです。

 

おかげさまで来院して下さる方が増えてきています。その結果、新たにもう1台必要になりました。

 

ありがたいことです。

 

ちなみに注文してから4か月待ちました。。。

 

 

わだち歯科クリニックは患者様に対しての滅菌・消毒にも気を配っています。

 

使い捨てにできるものはできる限り使い捨て(ディスポ商品)のものにしています。

 

・グローブ

・紙エプロン

・紙コップ

  ・

  ・

  ・

  ・

 

 

当然ですよね。

 

ですが当院では、初めて来てくださった初診の方にカウンセリングという形で最初にお話を伺うのですが、

 

「前通っていた歯科医院の先生が素手で患者さんの口を触り、その手を洗わず別の患者さんを診察している光景を見て、もうそこには行きたくなくなった」

 

という方が2週間くらい前にもいらっしゃいました。

 

う~~~~ん。。。

 

口の中を素手で触られるのは嫌ですよね。。。

 

ボクとしては触るのも嫌です。。。

 

 

滅菌や消毒というのは良くも悪くも基準(求める水準)が医療機関ごとに違うのではないでしょうか。

 

先ほど例に出させていただいた歯科医院さんの基準は

 

<患者さんの口の中は素手で触る。その後手を洗わなくても問題ない>

 

ということなのかもしれません。

 

それを正しいと思う方、別に気にならないという方は通い続けるでしょうし、その医院をかかりつけ歯科医院にしている方もいらっしゃるはずです。

 

その一方で今回当院に来院して下さった方のように、抵抗を覚える方は他院に移るはずです。

 

こういうケースはまだしも、歯科医療機関の消毒・滅菌の程度は目で見えないことがほとんどです。

 

普段患者さんが目にしない裏の仕事です。だから分かりづらい。

 

分からないから、ごまかすのか

分からないから、妥協するのか

分からないから、こだわるのか

 

ここは歯科医院それぞれではいでしょうか。

 

 

でも、歯科医院それぞれのこだわりや徹底ぶりがあったとしても、それが伝わりづらいのも消毒・滅菌なんだとも思います。

 

だからたまには、こういう裏の仕事をアピールするようなブログもいいのかな、、、と思い今日は書かせていただきました。過度な宣伝はしていないつもりですが、今回のブログがそのように感じるようでしたらすいませんでした。

 

 

当院が特別なことをやっているとは全く思っていません。

 

当然のことを行っているだけだと思っています。

 

 

ある九州の有名な先生が、常日頃こんなことをおっしゃっています。

 

滅菌は、愛です。

 

 

わだち歯科クリニックからの愛が多くの方に届いていたら嬉しいです。

 

そして一人でも多くの方にその愛が届いた結果、信頼していただくことができる歯科医院になっていけたら光栄です。

 

また時々、当院の器具・機械などもブログで書かせてくださいね( ^^) _U~~