セラミック治療(銀歯との違い) ~扶桑町 審美歯科~

投稿日:2018年2月24日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

口の中の銀歯の色を気にしている方も少なくないと思います。

 

「銀歯を白くしたいのですけど・・・」

 

とよく患者さんから相談を受けます。

 

今日は保険治療で用いられる銀歯と、保険外診療の白いセラミックの詰め物についての違いを、簡単にではありますが説明させてください。

 

日本では保険の銀歯をお口の中に入れている方が非常に多いですが、欧米ではそんな人はいません。

 

欧米では保険治療が適応されませんが、日本では保険適応の範囲内でも最低限の治療ができるようにと日本が開発した(?)金属だからです。

 

でも最近では見た目を気にして金属を使わずメタルフリー(金属を一切使わない)の、白いセラミックを希望される方も増えてきています。

 

ただ、見た目の問題だけでセラミックが優れているというわけではありません

 

もちろん見た目も重要です。見た目に気を配ってセラミックを入れる美意識の高い方もいらっしゃいます。

 

他にも大きな特徴はあります。

 

まずは金属アレルギーの問題。

 

アレルギーを起こす金属として保険の金属で多く含まれるパラジウム、最近ではあまり治療で使われなくなったアマルガムともにアレルギーを起こす可能性のある金属です。

 

他には詰め物の付け方が大きく異なります。

 

両方とも歯科用の接着剤でつけるのですが、厳密に言うと保険の金属は「合着」、保険外の詰め物は「接着」と我々は考えます。

 

「合着」というのは、歯科用接着剤(セメントと言われます)を歯と金属の間に介在させて、そこで生じる摩擦力で装着させるという考え方です。

 

ですが逆にその摩擦力で外れないようにするために、維持力を求めなければなりません。

 

ここでいう摩擦力とは、食事時に上下の歯がかみ合うときに発生する摩擦力です。

 

そのために セラミックを用いる場合より歯を削る量が間違いなく増えます

 

健康な歯の部分を削る必要が出てきてしまいます 

 

金属を取れにくくするために削る量が増えることで、残念ですが歯の寿命も短くなります

 

削る量が多くなると歯の神経までの距離が近くなってしまうからです。

 

特に虫歯治療だけを行い、定期的なメンテナンスを全くされない方・歯を大切にするということに関心が無い方にその傾向は見られます。

 

一方セラミック治療の「接着」は、「歯を削る量を最小限にすることができる」こともメリットではないかと思っています。

 

もちろん審美的な問題、金属アレルギーの問題からも保険治療の金属に比べ圧倒的に優れますが、それよりも削る量を最小限にでき、健康な部分に処置を加えなくても良いという事が一番の利点だと考えます。

 

その結果当然歯の寿命が延びるわけです。

 

さらに接着の方が、つけた後に細菌やバクテリアが付着・侵入しにくくなるという利点もあります

 

その結果、虫歯が再発しにくくなるのです。

 

「治してもその金属の中がまた虫歯になる」

 

こんな経験ある方いらっしゃいませんか?

 

セラミックやゴールドなどの材質の良いものであれば、まずこのようなやり直し治療は必要ありません

 

時々患者さんからこのようなことを言われます。

 

「削る量をできる限り少なくしてください」

「あまり削られたくないのですが」

 

歯を大切にしたいという想いが伝わってきます。

 

とても素晴らしい。

 

ですが、歯をたくさん削られたくないのなら、ぜひもっと歯を大切にできる歯へのダメージが少ない材料について考えてみませんか?

 

今日は、この辺で・・・。

 

最後まで読んで下さってありがとうございました (^_^)/~