虫歯を削らないという1つの発想

投稿日:2018年2月15日

カテゴリ:大人向けの歯のお話 院長の独り言

虫歯は何でも治療しなくてはならない、わけではありません。

 

もちろん大きい虫歯は治療しなければなりません。

 

でも削らなくて良いのであれば、歯は削らない方がよいです。

 

歯は削れば削るほど寿命が短くなります。寿命が短くなるというのは、将来的に歯を抜かなければならない可能性が高くなるということです。

 

小さな虫歯の場合、進行を抑制させることが可能なことは多々あります。

 

どうすればそのようなことが可能なのかというと、それは歯科衛生士による歯のクリーニングです。

 

定期的にきちんとクリーニングを受けてもらったり、ご自宅の歯磨きを徹底することで虫歯の進行が緩やかになったり、止まることもあります。

 

一度虫歯で悪くなった歯は、どんな素晴らしい治療をしても残念ながら一番最初の虫歯になっていない状態に戻ることはありません。

 

また、これは経験がある方もいらっしゃるかもしれませんが、一度削って治療した歯は虫歯になっていない正常な歯に比べ、虫歯になりやすくなってしまいます。

 

過去に、治療した金属が虫歯にまたなってしまい、金属を作り直したという経験ありませんか??

 

歯は一度削ってしまうと、自分自身の歯と詰め物に境目ができてしまうので、そこから治したとしても虫歯が再発しやすくなってしまうのです。

 

保険治療の材料であれば、より一層です。

 

ですから、悪くなったら歯を削って治療をするのではなく、口の中をできるだけ治療をしなくてもいい状態にしておくことが大切です。

 

そしてもし初期虫歯が進行することがあれば(進行してきている疑いがあれば)、そのときに治療をすればいい(治療をするかを相談させていただきたい)、と当院では考えています。

 

定期的に健診を行い「早期発見→長期観察」し、できる限り削る事を先送りするように考えています。

 

そのためには、  メンテナンス(定期的な歯科医院での健診)  が大切です。

 

 わだち歯科クリニックは基本的考えとして、歯をできるだけ削らなくてもいい状態にしておきたい(してほしい)と考えています。口の中のをいつもきれいにして、健康と笑顔あふれる生活をおくるために、ぜひ定期的に口の中を歯科医院できれいにしてもらう(診てもらう)習慣をつけてください。

 

 

早期発見・早期治療という考えについて

 

一昔前は、早期発見・早期治療がよく謳われていました。

 

ですがその結果、日本の虫歯が激減したという報告はあまり聞きません。

 

子供の虫歯は減少していますが、それはフッ素塗布を定期的に歯科医院で行う予防意識の高い保護者の方々が増えた結果で、早期発見・早期治療が浸透したからでは決してないと当院は考えています。

 

別に早期発見・早期治療を否定はしませんし、まだそのような歯科医院さんも多いと思います。

 

歯科医院ごと歯科医師ごとに考えがありますので、地域の皆様お一人お一人がご自身に合う歯科医院、安心して通い続けられる歯科医院を見つけていただければ良いのではないでしょうか

 

少なくとも、わだち歯科クリニックでは『早期発見・長期観察』を開業時よりずっと推奨しています。

 

その考えは変わりません。

 

時々当院で経過観察している虫歯を、「学校の健診で治療したほうがいいと言われたんですけど」と保護者の方から質問されることもあります。

 

それは、歯科医師によって判断基準・診断基準が違うだけだと思います。

 

来院のたびに状態を把握し、その都度相談させてください!(^^)!

 

定期的に見ている人間と、健診の時にたまたま来た、誰か分からない先生とでは、違うと思います。少なくとも健診の時にたまたま来た先生は、目の前の虫歯が半年前に比べて大きくなっているのか全く変わっていないかは、分かりませんよね。。。

 

 

最後にちょっと独り言を・・・ 愚痴を・・・

 

普段からこのような考えで診療し、さらに今日のようにブログなどで情報発信しているからか、頻繁に次のよう感じの相談を受け、初診で来院していただいています。

 

歯科医院に行ったらかぶせ物の中が虫歯になってるからと、治療を急かされたのですが本当なのかどうか、一度見ていただけませんか?

 

虫歯の説明はしたのかもしれませんが、患者さんが納得できていない典型的な例ですね。治療は患者さんから同意を得て始まるものです。「治療を急かされた」と思われるのは、明らかに医療従事者側にも非があるのではないでしょうか。

 

つい最近はこんな問い合わせのメールをいただきました。

 

かかりつけの歯科医院で3年近く定期的に歯の掃除に通い続けています。歯科医師の先生が何人もいる病院で、ころころ診察する先生が変わるのですが、ずっと虫歯なんて言われたこと無かったのに先日健診に行ったら、その日担当した先生から虫歯が6本あると言われました。

そんなことってあるのでしょうか?

 

先ほど上で書いた虫歯の基準(経過観察にする虫歯・治療する虫歯の基準)が医院の中で統一できていないのかもしれませんね。

 

 

 

 

良くも悪くも歯科治療は担当する歯科医師の治療以前の診断基準で、大きくその後の治療結果が、そして将来の口の中の状況が変わってしまうと思います。

 

 

是非一人でも多くの方に、信頼できるかかりつけ歯科医院を見つけてもらいたいものです。

 

そして、できることならかかりつけ歯科医院として当院を選んでいただけたら嬉しく思います。