入れ歯が口臭の原因かもしれません・・・

投稿日:2017年11月14日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

営業職・接客業など頻繁に人と会う仕事をしている方で、口臭を気にする方は少なくありません。

 

「初対面の方に名刺交換する時、自分の口が臭って(におって)いないか心配」

「近い距離で話をする時に、嫌な顔をされた。私の息って臭ってるの?」

 

口の中に残っている磨き残しや歯周病が進行してしまった結果、口臭が発生していることもありますし、入れ歯(義歯 以下入れ歯と記載していきます)を装着している方は、その入れ歯の手入れが不十分で入れ歯そのものが匂いの原因になっていることもあります。

 

 

正しい入れ歯の手入れ していますか?

 

入れ歯はどのように手入れをしていますか?

 

まず入れ歯の手入れ方法を書かせていただきます。

 

入れ歯は基本は水洗いで。

 

その際に義歯ブラシなどでこすり洗いをすると、なお良いでしょう。ですが入れ歯の臭いを消そうと歯磨き粉を使ってゴシゴシ磨くのはお止め下さい

 

それは歯磨き粉の香りで臭いをごまかすことはできるかもしれませんが、かえって歯磨き粉の中に含まれる歯磨剤によって、入れ歯に傷をつけます。その結果その部分に細菌や汚れがたまり、より一層臭いの原因となってしまいます。

 

入れ歯のお手入れは基本水洗いなのですが、入れ歯を清潔に保ちたい方・入れ歯が原因でにおいを発生させることを防ぎたい方は、是非入れ歯の洗浄剤を使って下さい

 

当然毎日入れ歯洗浄剤を使ったほうが清潔に保てます。

 

ですが3日に1度や1週間に1度でも、全く入れ歯洗浄剤を使用しない場合よりは良いと思います。

 

ただ入れ歯洗浄剤も奥が深く(?)、部分入れ歯・総入れ歯(1本も歯が残っていない方が使う入れ歯です)によってかえって使わないほうが良い商品もあります。

 

例えば部分入れ歯の場合、頻繁に洗浄剤を使った結果、入れ歯を支える針金の部分が腐食したり脆く(もろく)なってしまうこともあり、入れ歯の破損につながることも・・・。

 

だから、「ただ何となく」ドラッグストアで購入するのではなく、かかりつけの歯科医院や近隣の歯科医院でまず聞いてください。

 

洗浄剤のパッケージの裏を見ても、「○○が入っていたら部分入れ歯には使わないほうがいい」などは一般の方は分かりませんよね。おそらく歯科医師の中でも知らない人は知らないと思います。

 

ちなみに当院でお勧めしている入れ歯洗浄剤剤は、全ての入れ歯に対応可能なものを取り扱っています。

 

 

入れ歯もぜひ定期検診を受けて下さい

 

入れ歯を入れている方は定期的に歯科医院で残っている歯の掃除・健診だけでなく、その際に入れ歯の確認・チェックも受けて下さい。

 

・かみ合わせの確認

・緩くなっていないか適合状態の確認

・部分入れ歯なら針金の確認 

 などなど。

 

定期的に入れ歯も検診を受けたほうが間違いなく入れ歯の寿命は延びます(現在使っている入れ歯を長く使えます)。

 

もし今使っている入れ歯が快適で不自由が無いのなら、ずっと長く使いたいですよね?

 

もし入れ歯が壊れて作り直しになったら、今と全く同じ状態に作成できるかは分かりません。

 

それに入れ歯を作るとなると、歯科医院への来院回数がかかります(1つの入れ歯を作るのに4~5回かかります)し、当然お金もかかります。

 

ちなみに入れ歯を入れていても、残っている歯に磨き残しが少ないほうが今使っている入れ歯を長く使える可能性は高くなります

 

理由はまた後日、別ブログで書かせていただきます。

 

今日は、この辺で。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。