この歯は異常?

投稿日:2017年5月22日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

下の写真を見てみて下さい。

 

 

下顎切縁結節_R

 

 

矢印のところ、下の前歯がギザギザしているの分かりますか?

 

乳歯が抜けた後に出てきた永久歯なんですが、時々保護者の方から「出てきた永久歯がギザギザしています」「形が変です」と質問を受けます。

 

これを読んで下さった方でもし小学生の子供がいれば、ぜひご自身のお子様の上下の前歯(永久歯)の状態を見てみて下さい。

 

ギザギザしていますか?それとも平坦な状態ですか??

 

このギザギザな状態は正常なのでしょうか?そのままにしていて何か問題があるのでしょうか?

 

今日はそんな内容でブログ更新します。

 

 

ギザギザで出てきても異常ではありません

 

先に結論を書きます。

 

このギザギザで出てきた状態は、異常ではありませんし問題ありません。

 

このギザギザの状態を切縁結節(せつえんけっせつ) といいます。

 

異常ではないどころか、これが正しい歯の形です。

 

上下とも前歯は初めはギザギザの形をしています。

 

ただそのギザギザな歯で毎日食事をしていくことで、だんだんすり減っていってほとんどの方が平坦な歯の形になってしまいます。

 

だから「出てきた永久歯がギザギザな形で変なんです」という保護者の方へのお答えは、「これが普通、正常な状態です。何も心配する必要はありません。毎日ご飯食べているうちに無くなって平坦になっていきます」ということになります。

 

 

もし前歯がギザギザのままなら・・・

 

「うちの子供の前歯、歯が出てから何年も経ってるけどギザギザのままだけど・・・」

 

この場合、どのようなことが考えられるでしょうか。

 

上でギザギザが、食事でで毎日咬むことで平坦になると書きましたよね。つまりそうならないということは、前歯の上下の歯が当たっていないということになります。

 

もっとわかりやすく言えば、食事の時に前歯を使えていない(全く使っていない)ことになります。

 

当たり前ですが、歯のことそして身体全身のことを考えた場合、その状態で食事を問題なく食べることができても、全部の歯できちんと咬むことができたほうがいいです。

 

食事の時に使えていない歯があれば、その歯の寿命は短くなります。

 

逆に使えていない歯があるということは、他の歯に食事の時に負担がかかりすぎることになってしまいます。その結果、そういう歯も歯の寿命は短くなります。

 

だからこそ歯並びが良い子のほうが、歯の寿命が長くなる傾向が高い、ということになります。

 

ですが、矯正治療は保険適応ではありません。

 

子供に対してどこまでを提供するかは保護者の方々が決めることです。

 

「歯並びがガタガタしているけど、お金をかけるほどではないよ」

 

もちろんそれで構わないと思います。わだち歯科クリニックは保護者の方の決断を尊重します。

 

ですが、気になる場合は 「早めに」 かかりつけの歯科医院で相談だけはしてくださいね。

 

ベストなタイミングで対応できれば簡単に済んでしまうことも少なくありません。

 

矯正治療=全部が全部大変・高額というわけではありません。ただタイミングを逸してしまった結果、矯正治療が大変・高額 になってしまった(なってしまう)ことは、残念ながらよくあります。

 

今日はこの辺で。

 

それでは。。。