乳歯の癒合歯

投稿日:2017年2月27日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

今日は、癒合歯(ゆごうし)について書かせてください。

 

癒合歯という言葉は聞いたことありますか?時々健診(1歳半健診や3歳児健診、幼稚園の検診など)などで指摘を受け、来院される子供もいます。

 

癒合歯とは、二本の歯が顎の骨の中でできる過程の際に合体してしまったものです。もう少しわかりやすく言えば、2本が合体して1本になってしまっている状態です(なので他の歯より横に大きく見えます)。

 

 

乳歯の癒合歯1[1]_R

 

下の前歯の真ん中左の歯が癒合歯です。

 

下の前歯の中で1本だけ横に大きい感じ分かりますか?

癒合歯があるかと言って、慌てて何かしなくてはならないことはほとんどの場合ありません。普通の歯と同じように食事も歯ブラシもしていただいて構いません。

 

ただ注意点が二つあります。

 

一つは、大きな虫歯を作ってしまい残念ながら神経を取らなくてはならなくなってしまった場合に、歯髄(しずい:歯の神経のことです)の形が複雑なため、歯髄を除去する治療が難しく、その結果時間がかかることがあります。

 

もう一つは、永久歯への生え変わり時期に注意を怠ると、永久歯が出てこない事があります。

 

時期が来たら(お子様が歯科医院に慣れてきたら)お口全体のレントゲン写真を撮り、癒合歯の根っこの状態は確認しましょう。

 

反対側が抜けたのにその癒合歯が抜けないままなことがあれば、場合によっては根っこの状態も考え抜く必要があることもあります。

 

そういう判断は歯科医療従事者でないと難しいですので、癒合歯を指摘されたお子様は定期的に歯科医院で確認や説明を受けて下さいね。かかりつけの歯科医院で定期健診を受けることによって、問題なく過ごせますので、安心して定期健診を受けましょう。

 

 

おまけです。

ブラックボード更新しました。

 

IMG_5648_R

よろしければクリックして見てみて下さいね。