治療した時につけた金属がしみる

投稿日:2018年11月6日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

歯科医院で虫歯治療の時に金属を接着剤でつけた後、日常生活で使ってみた時にしみたり痛みを感じたことはありませんか?

 

治療したのになぜ痛みを感じるのでしょうか?

 

今日はそんなことをブログで書いてみたいと思います。

 

 

つけた金属の違和感の原因は?

 

つけた金属に出る症状としては、以下のものがあげられると思います。

 

・冷たい飲み物(時には温かい飲み物)がしみる

・食事の時咬むと痛い(特に硬い食べ物に起きやすいと思います)

・ジンジンする気がする

 

こういう症状は、様子を見ていることができる程度であれば、少し時間が経つのを待っていてください。

 

もし金属をつけた後の次回の歯科医院での予約が決まっているのなら、その時に症状を主治医の先生に話をしてみて下さい。

 

この痛みやしみるという症状は、金属を入れてから時間の経過を様子を見ていけば、ほとんどの場合が徐々におさまりますのでご安心ください。

 

ですが、どうしても症状が気になる場合は、極度に熱いものや冷たいもの、硬いものはできるだけ避けたほうが良いかもしれません。

 

また、治療後我慢できないくらい痛い場合は、金属を入れた歯科医院に早めに相談して下さい。

 

その時は、場合によっては神経を取り除く治療が必要になるかもしれません。

 

※当院では歯の神経を取ると歯の寿命が短くなる(将来的に歯を抜かなくてはならなくなる確率が極めて高くなる)ことから、できる限り歯の神経を取らない(安易に歯科治療で歯の神経を取らないようにする)ことを推奨しています。

 

 

では、どうして症状が出るの??

 

症状が出た時どうすればいいかは分かっていただけましたか?

 

ここからは、なぜそういう症状が出るかを書いていきます。

 

虫歯が大きかったから

 

多くの場合の原因は、治療した虫歯が大きかったからです。

 

虫歯が大きく、歯の神経の近くまで虫歯が到達してしまっていたら治療後の(金属を入れた後の)症状は残念ですが出やすくなります。

 

歯の神経が“痛い”・“しみる”という症状を感じます。なのでその部分に近づけば近づくほど症状を感じやすくなります。

 

そして、近づくほど歯の神経を取らなければならない可能性が高くなります。

 

金属そのものが熱を伝えやすいから

 

保険治療で使う金属は熱の伝導性が高いのが特徴です。

 

分かりやすく言うと、熱を伝えやすい(感じやすい)んです。

 

なので保険治療の金属なら、虫歯の大きさによりますが治療の後のしばらくの間は仕方ない部分も多少はあると思ってください。

 

 

心配ならまずは相談して下さい

 

以上、金属を入れた後に症状が出る原因および出た場合どうすれば良いかを書いてみました。

 

症状の感じ方は人それぞれです。

 

心配になったら、まずは治療を受けたかかりつけの歯科医院に相談して下さい。

 

しっかりとした説明を受ければ安心できますよね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

(わだち歯科クリニックの特徴①)

しっかりとした説明_治療の後の注意事項はもちろん説明します。その後帰宅した時に思い出してもらえるよう、治療の後の注意事項を書いた説明用紙も頻繁にお渡しします。

 

(わだち歯科クリニックの特徴②)

0歳から通える歯科医院_金属を入れた後に痛みが出るような大きな虫歯を作らないように、定期的に小さいうちから歯科医院に通いませんか?口の中 金属0目指してみませんか??

 

(わだち歯科クリニックの特徴③)

マウスピース型矯正装置を使った歯並び治療_歯並びがきれいな方が虫歯にも歯周病にもなりにくいこと 知ってますか??