入れ歯も検診を

投稿日:2016年10月17日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

今日は義歯(入れ歯、以下ここでは いれ歯と書いていこうと思います)を入れている方の検診について書いてみたいと思います。

 

 

img_4460_r

(ブラックボードも更新しました。よろしければクリックして見てみて下さい)

 

 

お口の中にいれ歯を入れている方もいらっしゃると思います。

 

いれ歯も歯の定期検診(メンテナンス)と同様に、定期的にチェック・確認が必要です。

 

ご自宅で使用してて問題無く使えていても、必ず定期的にチェックを受けて下さいね。その方が間違いなくいれ歯の寿命が延びます(何もしないより長く快適に使えます)。

 

 

定期的にチェックしたいこと

 

いれ歯を支える歯の確認

部分いれ歯の場合、残っている歯に針金を引っかけて入れ歯を安定させます。その針金がきつすぎると入れ歯を保持している歯に負担をかけすぎることになって、その状態でそのまま使用すると歯の寿命が短くなってしまうこともあります。

 

逆に、針金がゆるすぎると、食べ物がいれ歯の中に入りやすくなりますし、いれ歯そのものもゆるくなり外れやすくなります(会話をしてると外れる、食事していて粘着性のある食べ物で取れてしまう、など)。

 

針金は長期間いれ歯を使っていると間違いなく少しずつゆるくなってしまいます(毎日取り外しを繰り返すためです)。「あれっ、いれ歯が緩くなってきたかも」と感じたら、近隣の歯科医院で一度確認をしてもらって下さい。入れ歯の針金部分を調整するだけでフィットすることも少なくありません。

 

絶対に自分で針金を曲げたりすることだけはおやめください。

 

無理な力を加えると針金が折れてしまったり、間違った調整をしたいれ歯を直すことができなくなることもあります(修復不可能なこともあります)。

 

いれ歯そのもののチェック

いれ歯にひびが入っていたり割れていないかを確認します。患者様がそういうことに気付かず使い続けていると、早く気付けれ簡単な対応で済んだものが、大がかりな修理や一から作り直しが必要になってしまうこともあります。

 

いれ歯のかみ合わせのチェック

いれ歯は長期間使えば毎日何万回と咬み合わせますので、すり減ってきます。いれ歯の咬み合わせが変わることで、他の歯に過度の咬合力(咬む力、負担)がかかり過ぎることになってしまいその結果、残っている歯の寿命を短くしたり、口全体の歯周病(歯槽膿漏)を進行させる原因につながる事もあります。

 

かみ合わせの確認をし、強く当たっているところはかみ合わせを落として、口の中が均一に上下の歯が当たるようにしていきます。

 

入れ歯を今入れている方へ、および歯を抜いたことがある方へ

いれ歯を入れているということは以前に歯を歯科医院で抜いたか歯周病などで歯が自然脱落をしてしまったということではないでしょうか。

 

その原因はしっかり歯科医院で聞きましたか?

 

その時から何か日常生活は変えましたか?

 

残念ですがその時と同じ日常生活を繰り返していれば、また同じ結果が繰り返されるかもしれません。

 

・歯科医院で歯を抜かなくてはならない

・自然に歯が抜けた

・虫歯で歯が割れてしまった

 

ですが、なかなか日常生活を変えるということは簡単ではない方も少なくないのではないでしょうか。

 

・歯間ブラシを使用するよう歯科医院でいわれたけどなかなか習慣化できない

・1日2回歯を磨くよう指導受けたけど、1回しか磨けない日が多い

  ・

  ・

  ・

 

日常生活を変えることが難しい方こそ定期的に歯科医院を受診してください。

 

その都度チェックし、ご自宅でケアできていないところ(不十分なところ)をこちらで(歯科医院で)ケアさせていただきます。

 

いれ歯は歯科医師が精査・調整をさせていただきます。

 

『定期的』というのは、歯科医院の先生ごとに考えは異なると思いますが、当院としては3ヶ月くらいの間隔を推奨しています。

 

一度時間と費用をかけて作ったいれ歯、できるだけ長く使っていきたいと思いませんか?

 

また一から新しく作るとなると費用・時間もかかりますし、慣れるまでも大変なこともあり得ます。

 

もしそう思うようなら、ぜひ定期的にチェック  受けて下さいね。