子供の歯並びを治す マウスピース型矯正装置

投稿日:2018年7月17日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

今日は子供矯正治療、その中でも取り外し式のマウスピース型装置について久しぶりに書いてみたいと思います。

 

当院の方針としては、マウスピース型矯正装置の対象年齢は5~12歳(その中でも特に 6~8歳 くらい)が適応だと考えています。

 

現在たくさんのメーカーから、歯並びを治す目的でマウスピース型矯正装置は開発され、世に出ています。

 

その中では“3歳から治せる”と謳っているものもあります。

 

もちろん3歳からそういうマウスピース型矯正装置を入れられるのなら始めても良いかと思いますが、3歳4歳の場合はその子の性格も非常に大きく治療の成否にかかわってくると経験上考えています。

 

・親子のコミュニケーションが現時点でどのくらいできているか

・我々歯科医療従事者(またはクリニック)にどこまで慣れているか

 

最低限のコミュニケーションが取れないうちは、矯正治療は先の方が良い場合もあります。

 

我々もしくは保護者の方が、矯正装置を入れる理由・目的をお話しした時に、何を言っているのかが全く本人が理解できない段階では、本人の協力が得られないかもしれません。

 

「夜寝る時に、これ入れてね~」

 

と伝えても、なぜ入れなくてはいけないのかが分からなければ

 

「いやいやー」「こんなの入れたくないよ~」

 

となってしまうと思いませんか??

 

 

 

 

子供のマウスピース型矯正装置もいろいろなメーカーさんから発売されています。

 

残念ながらボクの感想では、どこの物なら間違いない(絶対に治すことができる)というのは無いように思っています。

 

それぞれにいいところがあります。逆に言えば欠点、というと大げさですが他の物に劣るところもあることも・・・。

 

なので、たくさんの(いくつかの)種類の特徴や利点欠点などの知識を持ち、装置自体も何種類かを取り揃えている(取り扱うことができる)のがいいと考えています。

 

来院してくれたお子様の状態(歯並びの状態・年齢など)を見て、同じマウスピース型矯正装置のカテゴリーに入っているものの中でも一番効果のありそうなものを提案する。

 

子供のマウスピース型矯正装置については、当院はそのように考えています。

 

ただマウスピース型装置は固定式ではなく取り外し式ということで、多くの保護者の方が魅かれるかもしれませんが、残念ですが万能ではありません。

 

全員にマウスピース型のものが使えるわけではありません。

 

マウスピース型矯正装置の話をすると保護者の中には「寝ている時だけ入れればいい装置ですよね」と話をして下さる方もいらっしゃいます。

 

周りのママ友さんたちからの情報でしょうか。

 

中には他院さんでそのように説明を受けたと言って、歯並び相談のセカンドオピニオンのような意味合いで当院を受診して下さった方もいらっしゃいました。

 

「夜寝ている時にその装置を入れているだけでいい」

 

マウスピース型矯正装置をある程度しっかり勉強している(研修などで学び続けている)歯科医療従事者は、残念ですがそんな説明はしないと思います

 

もし他院さんで「夜寝ている時だけ入れて下さい」とマウスピース型矯正装置を入れたのに、全然変化が無い(治らない)方は、よろしければ当院にその装置を持参のうえご来院ください。

 

興味がある保護者の方や、話だけ聞いてみたい方も遠慮せずよろしければご来院ください。

 

保護者の方からのお話も聞かせていただいた上で、当院の考えおよびマウスピース型矯正装置の使い方(正しい使い方や効果をより発揮するための工夫)も聞いていただき、色々考え検討していただければ結構です。

 

 

矯正治療を開始すると、何年単位のお付き合いが歯科医療機関とお子様、そして保護者の方とで始まります。

 

ですので、しっかり納得していただきかつ安心して任せられると判断したところで矯正治療は始めてくださいね。

 

 

7月に入ってから「他院でマウスピース型矯正装置をやっていたんですけど、あまり治らなくて・・・」と言う方が数人いらっしゃったので、今日はそのことも踏まえて書かせていただきました。

 

誤解しないでいただきたいのですが、マウスピース型矯正装置は決して悪い矯正方法ではありません

 

当院ではとても素晴らしい方法だと考えています

 

ただその装置の使い方を十分知らずに患者さんに提供している方も少なくないように感じています。

 

・本当に寝る時だけでその子は治るのか(それだけで治る子もいますが、多くの子がそうではありません)

・寝る時に装置を入れる時にどんな工夫をすればよいのか

・そもそも装置を入れているだけで良いのか(それ以外に併用したほうが良いことも色々あるかもしれません)

・装置1つで治るのか(装置1つで歯並びを完璧に治すと考えるところに無理があるかもしれません)

 

歯科医師であれば、そういうマウスピース型矯正装置を営業の方から購入することができます。

 

マウスピース型矯正装置の勉強を一切していなくても、歯科医師免許証さえ持っていれば購入し、それを患者さんに提供することができます。

 

提供することが、できてしまいます。

 

ぜひお子様の矯正治療を考える時には、何件か歯科医院を周り話を聞いてみて下さい。

 

決して値段だけで決めるようなことはしないで下さい。

 

 

1つ例を出します。

 

インプラント治療を検討している時に、近所の歯科医院さんや知り合いから勧められた歯科医院さんをホームページで調べ、インプラントの料金を確認しました。

 

A医院30万

B医院30万

C医院35万

D医院38万

E医院50万

 

その時にたまたまネットで見つけた歯科医院さんの料金が8万円と書かれていたら、そこでインプラント手術を行いますか??

 

どうしてここだけ他より圧倒的に安いんだろう・・・、とは思わないでしょうか?

 

大丈夫かなあ・・・、と少しは不安になったりはしませんか?

 

圧倒的に料金が安価なところは、それなりの理由があるのかもしれません。

 

 

 

大切なお子様の一生に関わることです。

 

色々しっかり考えて検討して下さいね。

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。