要注意乳歯

投稿日:2016年4月20日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

こんにちは、扶桑町 わだち歯科クリニック  院長  森 俊輔(モリシュン)です。

 

4月からボクの息子が小学校へ入学しました。長男君、毎日楽しそうに「行ってきます!!」と走って玄関を出ていきます。学校が楽しいようです。嬉しいですねぇ♡微笑ましいです。

 

さて今日は小学校ではそろそろ歯科検診が始まるころだと思いますので、検診の項目の1つにある『要注意乳歯』という言葉についての説明を書かせていただきます。その要注意乳歯は、「虫歯になりかけているので要注意の乳歯です」・・・・・・・・・・、という意味ではありません

 

毎年検診結果の紙を学校からもらって来た保護者の方に勘違いしている(ご存知ない)方がいらっしゃるので、この内容は毎年書いています。

 

要注意乳歯の意味は「グラグラになっている乳歯」のことです。

 

グラグラになっている乳歯があるので、近隣の歯科医院で診察を受けてください、、、という意味だと捉えてください。

 

そういう意味でのチェック項目なので、保育園や幼稚園での歯科検診の項目には無いところが多いです。

 

検診の用紙をもらい歯科医院を受診したら、その歯をどうするかは歯科医師ごとの診断基準によって説明があると思います。

 

すぐに抜いた方がいい場合もあります。逆にそのまま自然に抜けるのを待っていてもいい場合もあります。要注意乳歯と指摘をされたら全て抜かなくてはならないわけではありません。まずはかかりつけの歯科医院を受診し、納得いくまで説明を受けてくださいね。

 

最後にここからは当院が抜いた方がいいと判断する場合について書いて今日は終わります。

 

・要注意乳歯が抜けず、永久歯が見えてきている場合

本来なら乳歯が抜けた後に永久歯出てくるのですが、時々乳歯が抜けていないのに永久歯の位置が悪かったために、永久歯が出てきてしまうことがあります。これもこのようになったら全て抜かなくてはならないとは思っていませんが、放置することが永久歯の歯並びに悪影響を及ぼしそうな場合は抜いた方が良いと判断します。

 

・要注意乳歯に痛みがある場合

要注意乳歯だけであれば痛いことはまずありません。ただ食事の時上下の歯でかみますが、かんだ時その要注意乳歯がグラグラであるために痛い事があります。あとは歯ブラシの時もグラグラの程度によって痛い場合があります。それらのような場合は抜いた方がいいかもしれません。

 

他にも細かく考えればあるかもしれませんが、この2つが多いかと思います。よければ参考にしてください。

 

とにかく小学校で用紙をもらったら、早めにかかりつけの歯科医院を受診しましょうね。