ホワイトニングの後戻り

投稿日:2017年4月25日

カテゴリ:ホワイトニングコラム

ホワイトニングしたあと何年か経ち、色が戻ってきたと感じ、それが気になる場合は近隣の歯科医院へ相談してみて下さい。

 

一度ホワイトニングをした方は、再着色(後戻り)してしまったとしてもホワイトニング後の白さに戻すことは実はそんなに難しくはありません。

 

一度ホワイトニングした後の方がホワイトニング剤が浸透しやすいためだと言われています。

 

再着色がもし気になったら、もう一度歯科医院で1回だけでもオフィスホワイトニングを再度やってみてもいいと思います。

 

すぐに色は戻ると思います。

 

あるいは、オフィスホワイトニングをやった後の再着色でしたら、今度はホームホワイトニングを取り入れてもいいかもししれません。ご自宅でご自身のペースでできますしね。

 

他にはホームホワイトニングを行い、ホワイトニングをやめた後数年たった時の再着色であるなら、ホームホワイトニング用のホワイトニングジェルだけ購入して、再度行ってもいいかもしれません(そういうこともできるので、ホームホワイトニングをされた方はホワイトニング用マウスピースは捨てないで下さいよ)。

 

他には、多指症の色の戻りであれば、歯のクリーニングだけで済む(きれいに戻る)ことも多々あります。

 

美容室で髪をカラーリングしても、数カ月で色はまだらになったり戻ったりしますよね。

 

その時は皆さん、また美容室に行った時にカラーリングしますよね。

 

歯のホワイトニングも、気になった時は遠慮せず相談してみて下さいね。美容室のカラーリングほど頻繁な頻度で再ホワイトニングはいらないと思います。

 

 

それでもできる限り後戻り(再着色)したくない方へ

 

誰だってホワイトニングをしたら、手に入れた白く輝く白さ(美しさ)を持続させたいですよね。

 

そのためにできることや、しないほうがいいことを最後少し書いて今日は終わります。

 

定期的な歯科医院でのクリーニング

 

まず何といっても、これです。

 

ホワイトニングをした後に定期的に歯の掃除(歯石取り含めて)をした方の方が、断然色は持ちます(ホワイトニング後に歯科医院でのメンテナンスの習慣を取り入れた方とそうでない方とでは、1年後・3年後は全然違います)。

 

ホワイトニングをすれば当然歯は白くなります。

 

ですが、その白さを持続させるために間違いなく効果があると断言できることがあるわけですから、白さを長持ちさせたいのなら、しない理由は無いと思うのですが・・・。

 

タバコを控える

 

タバコを吸う方とそうでない方とでは、経年変化は違ってきます。

 

タバコやめてもらえると、歯だけでなく身体にとってもいいのですが・・・。

 

糖質を控える

 

これは意外に知らない方多いと思います。

 

糖質(砂糖)を取る量が多い方は歯が黄ばみやすくなります。

 

 

今日はこの辺で。

 

何か参考にしていただけたら嬉しく思います。