ホームホワイトニングの利点・欠点

投稿日:2016年5月14日

カテゴリ:ホワイトニングコラム

今日はホワイトニングの中でもホームホワイトニング利点・欠点について書いてみます。

 

まずホームホワイトニングについて。ホームホワイトニングとは言葉通りhome(ご自宅)でホワイトニングをする方法です。ちなみに歯科医院で歯科医師及び歯科衛生士が中心となって行うホワイトニングをオフィスホワイトニングといいます。

 

歯科医院によってオフィスホワイトニング・ホームホワイトニング両方取り扱っているところもあればどちらか片方、もしくは取扱いしていないところ様々ありますので、もしホワイトニングをご検討で何を行うかおおよそ希望が固まっている方は、予約の際に取扱いしているか念のため確認したほうが良いかもしれません。

 

オフィスホワイトニングの利点・欠点を書きますが、どちらかというとオフィスホワイトニングと比較しての利点・欠点かもしれません。

 

 

ホームホワイトニングの利点

自分のペースでできる

ご自宅で自分の時間が取れるときに行うことができるのはホームホワイトニングの利点ではないでしょうか。場合によっては納得いく白さまで達したら残ったホワイトニングジェルを保管しておき、またホワイトニングをしたくなったら再開する、ということができるのもホームホワイトニングの魅力だと思います。

長時間歯科医院での施術時間を取れない

オフィスホワイトニングの場合、歯科医院によりますが当院では1回1時間くらいの施術時間を取らせていただいています。そんなに歯科医院で拘束されたくない方(歯科医院で時間を取れない方)にはご自宅でゆっくり行えるホームホワイトニングのほうがいいかもしれません。

 

後戻りしにくい

どちらかというとオフィスホワイトニングより再着色しにくい(後戻りしにくい)と言われます。オフィスホワイトニングは短時間でパッと白くなる、一方ホームホワイトニングはゆっくり少しづつ白くなるけど後戻りもゆっくり、というイメージです。

 

 

ホームホワイトニングの欠点

オフィスホワイトニングに比べて白くなるスピードが遅い

上にも少し書きましたが白くなるスピードはオフィスホワイトニングよりは遅くなります。ホワイトニングジェルの濃度の違いのためです。オフィスホワイトニングのほうが医療従事者が取り扱えるので高濃度のものが使用できます。

 

自宅でホワイトニングのために時間を作る必要がある

使用するホワイトニングジェルによりますが(当然ホワイトニングメーカーによっていろいろな違いや差があります)、1日2~3時間ホワイトニングトレーの装着が推奨されます。ですがこの2~3時間という時間、人によっては日常生活の中で作るのが難しいのではないでしょうか。

 

トレーを入れている間は会話はしても構いませんが飲食はできません。飲食するといづれトレーは破損します。仕事中にできる人はあまりいないと思います。そうすると仕事から帰宅後食事を済ませた後に2~3時間トレーを入れることができそうか一度想像してみてください。

 

難しい方は少なくないのではないでしょうか。

 

 

ホームホワイトニング・オフィスホワイトニングとも優れたホワイトニング方法です。ただそれぞれに良いところがありますので、もしホワイトニングにご興味ある方はぜひ貴方の希望を歯科医院で伝えてみてください。それにより添えるのはどちらの方法かをきっとご提案していただけると思います。

 

 

 

 


■ 他の記事を読む■