口紅をつけると・・・ ~ホワイトニングをした方の感想~

投稿日:2017年6月20日

カテゴリ:ホワイトニングコラム

今日はホワイトニングを当院で最近終了した方からいただいた感想をもとにブログ更新します。

 

その方(品のある女性の方です)は歯科医院でホワイトニングを行う オフィスホワイトニング を行いました。

 

当院のホワイトニングコースの中で最も来院者の方から選ばれる3回コースで施術させていただきました。

 

ご主人様も以前当院でホワイトニングをしていて、白くなったことをご夫婦で確認したうえで(笑)、ご本人様もして下さいました。

 

3回コースのうち1回目終了した時点で当然歯が白くなったことを実感して下さいましたが、3回終了した時点で

 

「もちろん歯が白くなったことは分かるんですが、赤っぽい口紅をつけた時に、白くなったことをより実感しています

 

とおっしゃってくれました。

 

その後に

 

「先生にはこの感覚分からないと思いますが」

 

と笑われましたが ( ´艸`)。

 

 

おっしゃる通り、普段赤い口紅つけませんので(つけていたら怖いですよね…)その喜びは分かりませんが、施術させていただいた側からすると喜んでいただけてとても嬉しいです。

 

歯が白くなると、口の中の色々な欲求・希望が発生することも少なくありません。

 

例えば口の中に金属やかぶせ物が入っている方が、ホワイトニングをして白くなった歯に合う色の セラミック に変えたい、とか歯並びを良くしたいとか、あるいはもっともっと歯を白くしたいとかも場合によってはあるかもしれません。

 

様々なご要望に、わだち歯科クリニックではお答えしていますので、どんな些細なことでも遠慮なく『お気軽に』お尋ねください。

 

説明₍お話₎だけであれば、当たり前ですが費用はかかりませんのでご安心ください。

 

それに当院の場合は、強引なセールス的な押し付けも致しませんので、その点もご安心ください。

 

よくホワイトニングブログで書くのですが、ホワイトニングは今の時代、特別なものではもはやないと当院では考えています。

 

昔は「若い人がするもの」「女性がするもの」「費用が高い」「痛い」「大変」などというイメージを持つ方が多かったかもしれません。

 

ですが今では良くも悪くもホワイトニングのメーカー・種類も増え、値段もだいぶ手を伸ばしやすいものが増えてきたように感じますし、痛みを感じるものも少なくなってきています。

 

実際、今日ブログで書かせていただいた方も、特に痛みについては何一つおっしゃっていませんでした(ダンディーなご主人様も)。

 

それにホワイトニング=若い女性がするもの というものではありません。

 

当院では70代男性の方にも10台の大学生の男性の方にも施術させていただいたこともあります。

 

性別や年齢でホワイトニングをするか検討するのではなく《歯を白くしたいという欲求・関心がある方が検討していただくもの》だと当院では考えています。

 

つまり、今のご自身の歯の色で満足している方・色の色について何にも感じない方はホワイトニングを考えなくてもいいと思います(それでもここまで今回のブログを読んで下さったことは、とっても嬉しく思います ヽ(^o^)丿 )。

 

でもホワイトニングをして歯が白くなると、

 

結構イメージ

 

変わることが

 

多いですよ。

 

 

もしほんの少しでもホワイトニングについてご興味がある方は、ぜひかかりつけの歯科医院にお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。