外部講師を呼んで院内研修をしました

投稿日:2016年7月26日

カテゴリ:セミナー・研修報告 呼吸・姿勢・その他アンチエイジングコラム 大人向けの歯のお話 子供の歯と歯ならびのおはなし 就職・転職活動中の方へ

先日、大阪から外部講師を招き院内セミナーを行いました。

 

IMG_3555_R

 

 

MFTセミナー のテキスト(の表紙)です。

 

MFTとは、マイオファンクショナルセラピー の略で、口の周りの筋肉(口腔周囲筋)の不調和を改善し、その状態を維持することを目的としています。

 

口の周りの筋肉を正しく成長させたり不調和を正すために様々なトレーニングがあります。そういうトレーニングをすることで、いろいろな効果が出てくることも良くあります。

 

・歯並びが良くなる

・口呼吸だったのが鼻呼吸ができるようになる

・姿勢が良くなり、体の歪みが改善される

・笑顔がきれいになる

 

「トレーニングなんかで歯並びが変わるの!?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

変わるんです(変わることも大いにあるんです)。

 

それはなぜか。。。

 

歯は舌と口の周りの筋肉の拮抗関係の結果、並びやすいところに落ち着いて並びます。

 

歯並びの悪い人の多くが口呼吸であったり舌の位置が悪かったりします。

 

そこが改善できれば自然に歯並びも改善されることだって大いにあり得るんです。

 

逆に言えば、いくら矯正装置を入れても(矯正治療に費用をかけても)そこに問題があれば矯正治療の効果も低くなるし、矯正治療で歯並びが良くなったとしても、歯並びを悪くする原因があるわけなので、後戻りもしやすくなります。

 

「小さな(年齢の)うちに歯並びを良くする(悪くしない)ように家でできることってありませんか?」

 

とよく定期的にフッ素塗布で来院される保護者の方に聞かれます。

 

定期的に来院してくださるわけだから、そうでない方よりもお子様の歯や歯並びへの関心度は高い方が当院の場合ほとんどです(当然ですよね)。

 

そういう方のために何か1つでも貢献したいという思いで、今年は本格的にMFTの勉強を進めています。

 

もう1度大阪から外部講師を招き研修も決まっています。

 

同内容での別セミナーも現在同時進行で東京で受講もしています。

 

導入にはいろいろもっと考えなければならないこともありますが、とても大切なことだと思うし、歯科医院が多い昨今なのに、ほとんどの歯科医院がここをおろそかにしているように感じてもいます。

 

きっとこのブログを読んでくださったほとんどの方(たぶん歯科関係者でない方は全員だと思います)は「MFTって何??」という状況だと思います。

 

たぶん歯科医療従事者の多くがMFTは重要だと思っているはずです。でもそれを地域の方々へ提供できていない、発信できていない・・・。

 

わだち歯科クリニックとして、まだまだできることはたくさんありそうです。

 

楽しみながら進んでいきます(#^^#)

 

ちなみにですがそのセミナーの様子?を講師をしてくださった千谷さんがご自身のブログで書いてくださいました。

 

MFTブログ を、もしお時間ある方はクリックして読んでみて下さい。