入れ歯

当医院の入れ歯が支持されている理由

入れ歯

わだち歯科クリニックでは、多くの入れ歯に関する多くの相談が寄せられています。どうして当院の入れ歯は喜ばれているのでしょうか。もちろん、当院がバリアフリーだからだけではありません。入れ歯を使いやすくするためのさまざまな工夫をしているからです。当院の入れ歯に対するこだわりをご説明いたします。

理由1:入れ歯の選択肢がとても豊富

入れ歯の悩みというと、「痛い」「すぐに外れる」「見た目が悪い」などが多いです。これらは、保険適用で作れる入れ歯には良い素材が利用できないということに原因があります。そこで当院では、保険適用の素材はもちろんのこと、患者さまのさまざまな要望に応えられるように多彩な入れ歯を用意しています。

  • 金属のバネ不使用のスマイルデンチャー

    スマイルデンチャー部分入れ歯を固定するには、金属製のバネを使っています。しかし、この金属が見た目をとても悪くしてしまう原因です。スマイルデンチャーは、金属製のバネを使うのではなく歯ぐきの色に近い樹脂を使っているので、装着しても目立ちにくいというメリットがあります。

  • 壊れにくい、熱伝導が高い金属床

    金属床金属床は、入れ歯の床(しょう)という部分にチタンやコバルトクロムといった体にやさしい金属を使っています。金属床で作られた入れ歯はとても頑丈なので、噛む力が強い人でも壊れにくく安心です。また、金属は熱を通しやすく、食べものの熱を感じやすいので、料理をもっとおいしく味わえます。

理由2:入れ歯の専門歯科技工士と連携

歯科技工士

入れ歯を作成する場合、歯科医師が患者さまのお口の型をとり、それを元に歯科技工士が入れ歯を作成します。入れ歯を作るには専門的な知識や技術が必要で、患者さまに合った入れ歯を作成するには技術力の高い歯科技工士でなければなりません。わだち歯科クリニックの提携する歯科技工所には、入れ歯作成に熟練した歯科技工士が在籍しており、精度の高い入れ歯を作ることが可能です。

理由3:時間を十分に取ったこだわりの製作工程

入れ歯

保険で作れる入れ歯に不満が多いのは、製作工程に時間をあまりかけていないからです。人の口は生活の中でさまざまな動きをしています。食事、会話、呼吸といったそれぞれの場面で、口の形は異なるのです。しかし、保険の入れ歯は一つのポーズでしか型を取らず、その型に基づいて入れ歯を作ります。これでは、口がさまざまな動きをしたときに痛みが出たり外れやすかったりするのは当然です。

  • 最適な印象剤を使った型取り

    入れ歯の型とり型取りに使う印象材にはさまざまな種類がありますが、当院では状態に合わせた最適な印象材を使っています。

  • 噛み合わせの調整

    噛み合わせの調整歯を噛んでいるときだけではなく、会話をしているとき、ものを飲んでいるにも正しいかみ合わせになるように調整します。

  • 個人トレーの使用

    個人トレーの使用患者さま一人ひとりに合わせた個人トレーで型取りをすることによって、お口や舌の動き、噛み癖などの情報をたくさん集めることができます。その結果、使いやすい入れ歯を作成することが可能です。

  • ティシュコンディショニング

    ティシュコンディショニング入れ歯によって歯ぐきや口の中に傷ができたり痛みがあったりする場合、医療用調整剤を使うことによってダメージを減らし、痛みをやわらげることが可能です。

江南市・犬山市で入れ歯の作成、作り変えをご検討の方へ

三郷で入れ歯の製作

わだち歯科クリニックは開業からこれまで、入れ歯に関して診断から製作工程、調整にいたるまで徹底的にこだわってきました。きっと患者さまのご希望に応えることができるので、江南市・犬山市で入れ歯の作成や作り変えをご検討の方は、お気軽にご相談ください。