入れ歯・義歯|丹羽郡扶桑町の歯医者|わだち歯科クリニック

新型コロナウィルス対策について

キッズコーナー/バリアフリー

駐車場12台/屋根付き駐輪場

名鉄犬山線「扶桑駅」より車で5分

小児矯正

お問い合わせ・ご相談

ママ赤ちゃん子育て教室

スタッフ募集中

050-5210-2184

愛知県丹羽郡扶桑町大字高木 字白山前423番

入れ歯・義歯

わだち歯科クリニックの入れ歯(義歯)が支持されている理由

入れ歯

わだち歯科クリニックでは、入れ歯に関する多くの相談が寄せられています。どうして当院の入れ歯は喜ばれているのでしょうか。もちろん、当院がバリアフリーだからだけではありません。入れ歯を使いやすくするためのさまざまな工夫をしているからです。当院の入れ歯に対するこだわりをご説明いたします。

理由1:機能性や審美性にこだわった素材

入れ歯の悩みというと、「痛い」「すぐに外れる」「見た目が悪い」などが多いです。これらは、保険適用で作れる入れ歯には良い素材が利用できないということに原因があります。そこで当院では、保険適用の素材はもちろんのこと、患者様のさまざまな要望に応えられるように審美性や機能性にこだわった入れ歯素材をご用意しております。

金属バネ不使用のスマイルデンチャー

金属バネのないスマイルデンチャー

部分入れ歯を固定するには、金属製のバネを使っています。しかし、この金属が見た目をとても悪くしてしまう原因です。スマイルデンチャーは、金属製のバネを使うのではなく歯ぐきの色に近い樹脂を使っているので、装着しても目立ちにくいというメリットがあります。

壊れにくい、熱伝導が高い金属床

金属床

金属床は、入れ歯の床(しょう)という部分にチタンやコバルトクロムといった体にやさしい金属を使っています。金属床で作られた入れ歯はとても頑丈なので、噛む力が強い人でも壊れにくく安心です。また、金属は熱を通しやすく、食べものの熱を感じやすいので、料理をもっとおいしく味わえます。

理由2:入れ歯の専門歯科技工士と連携

専門歯科技工士

入れ歯を作成する場合、歯科医師が患者様のお口の型をとり、それを元に歯科技工士が入れ歯を作成します。入れ歯を作るには専門的な知識や技術が必要で、患者様に合った入れ歯を作成するには技術力の高い歯科技工士でなければなりません。わだち歯科クリニックが提携する歯科技工所には、入れ歯作成に熟練した歯科技工士が在籍しており、精度の高い入れ歯を作ることが可能です。

理由3:時間を十分に取ったこだわりの製作工程

製作工程

保険で作れる入れ歯に不満が多いのは、製作工程に時間をあまりかけていないからです。人の口は生活の中でさまざまな動きをしています。食事、会話、呼吸といったそれぞれの場面で、口の形は異なるのです。しかし、保険の入れ歯は一つのポーズでしか型を取らず、その型に基づいて入れ歯を作ります。これでは、口がさまざまな動きをしたときに痛みが出たり外れやすかったりするのは当然です。

最適な印象剤を使った型取り

印象剤

型取りに使う印象材にはさまざまな種類がありますが、当院では状態に合わせた最適な印象材を使っています。

噛み合わせの調整

噛み合わせの調整

歯を噛んでいるときだけではなく、会話をしているとき、ものを飲んでいるにも正しいかみ合わせになるように調整します。

個人トレーの使用

個人トレーの使用

患者様一人ひとりに合わせた個人トレーで型取りをすることによって、お口や舌の動き、噛み癖などの情報をたくさん集めることができます。その結果、使いやすい入れ歯を作成することが可能です。

ティッシュコンディショニング

ティッシュコンディショニング

入れ歯によって歯ぐきや口の中に傷ができたり痛みがあったりする場合、医療用調整剤を使うことによってダメージを減らし、痛みをやわらげることが可能です。

入れ歯治療の流れについて

カウンセリング
患者様のお悩みなどをお聞きしながら、治療費・治療期間など入れ歯治療について詳しくご説明いたします。

診査・診断
レントゲン撮影をはじめ、各種検査を行い、口腔内の状態をお調べします。

治療計画の立案
診査・診断結果をお伝えし、患者様と相談しながら入れ歯治療の計画を立てます。
※虫歯・歯周病が確認できた場合はそちらの治療を優先いたします。

治療開始
治療計画に同意をいただき、入れ歯治療を開始します。歯型や顎の動きの型取りを行い、一人ひとりのお口に合う入れ歯を製作します。

メンテナンス(定期検診)
入れ歯治療完了後は定期的に検診・調整を行い、製作した入れ歯を長くお使いいただけるようサポートいたします。

定期メンテンスで入れ歯を長持ちさせましょう

定期メンテンス

入れ歯やお口の環境は日々少しずつ変化するため、入れ歯を快適な状態で少しでも長くお使いいただくためには、毎日のお手入れと歯科院での定期メンテンスがとても重要となります。わだち歯科クリニックでは、入れ歯の製作後もアウターケアや定期メンテンナンスを通して、患者様の入れ歯やお口の健康をサポート致します。入れ歯使用中の違和感や痛みなどを感じた際には、一度当院までお気軽にご相談いただければと思います。

よく噛める入れ歯でオーラルフレイルを予防しましょう

オーラルフレイル予防

昨今、歯科業界ではオーラルフレイルという口腔機能の低下によって生じる体の衰えが話題となっています。加齢や歯の喪失、さらに合わない入れ歯などによって、噛んだり、飲み込んだりがうまくできなくなると、食欲が減少→栄養の偏り・栄養不足→筋力の低下(サルコペニア)・免疫力の低下など、身体の衰えが加速し、介護が必要になる可能性も高くなってしまいます。

わだち歯科クリニックでは、入れ歯の定期メンテナンスやアフターケアを通して、入れ歯の状態を良好に保ち、オーラルフレイルの予防に努めています。

日常で入れ歯を使用する際に気をつけること

入れ歯を良い状態でお使いいただくため、下記のことに気を付けながら入れ歯をきちんと管理しましょう。

入れ歯装着後の調整

入れ歯装着後の調整

完成した入れ歯を初めて装着した際は、物が噛みづらい・痛みがあるなど、違和感を感じることも少なくありません。そのような場合には、歯科医院にて入れ歯の調整を行い、違和感を軽減します。
※入れ歯が合わないからといって、ご自身で削ったりしないようにしましょう。

入れ歯の清掃

入れ歯の清掃

入れ歯が不衛生だと、誤嚥性肺炎のリスクが高くなります。入れ歯用のブラシと洗浄剤を使用して、入れ歯を清潔に保ちましょう。入れ歯を磨く際は、落として破損しないよう、洗面器などに水をためた上で丁寧に行いましょう。

入れ歯の保管方法

入れ歯の保管方法

入れ歯は乾燥すると変形してしまいます。患者さまによっては、就寝時に入れ歯を着用するように指示をされる場合もありますが、長時間外す際は忘れずにお水や洗浄液に浸けましょう。

定期検診

定期検診

入れ歯は日々の使用によって少しずつ摩耗していきます。また、お口の状態も少しずつ変化するため、長期間使用すると適合が悪くなってしまいます。定期的に検診を受け、入れ歯とお口を良い状態に保ちましょう。

食事方法

食事方法

初めのうちは、柔らかい物や食べやすい物を選んで入れ歯に慣れましょう。しっかり噛むことで骨吸収を抑えることができるため、唾液の分泌や顎の筋肉を使うことを意識し、しっかり噛みましょう。

入れ歯の着脱方法

入れ歯の着脱方法

入れ歯をつける際は、少し水分を含ませてからゆっくり装着しましょう。また、歯や歯茎に負担がかからないよう、無理な力をかけずに取り扱いましょう。

入れ歯で快適な食事をするためのポイント

入れ歯での食事

食事は生き物が生きてく上で必要不可欠な物であり、一日の楽しみの1つでもあると思います。こちらでは、入れ歯で快適な食事をしていただけるよう、注意するポイントについてご紹介いたします。

適切な温度にする
一般的な総入れ歯は、入れ歯の土台部分が厚いため、食べ物や飲み物の温度が感じにくいという特徴があります。極端に熱い物は火傷しますので、飲食物の温度には気をつけましょう。

できるだけ柔らかくする
入れ歯は、天然歯に比べて噛む力が弱くなりますので、肉や繊維質の野菜などはしっかりと火を通し、噛みきれるように柔らかくしましょう。

1つひとつのサイズを小さめにする
噛みやすくするため、1つひとつの具材のサイズは小さくしましょう。みじん切りのように細かくしすぎると、飲み込むのが難しかったり、入れ歯と歯茎の隙間に入り込んだりするため、一口大のサイズがおすすめです。

入れ歯(義歯)に関するQ&A

入れ歯治療は年齢制限などがありますか?

入れ歯治療に年齢制限はありません。実際、入れ歯の治療で通院されている若い方もいらっっしゃいます。入れ歯治療をご検討中の際は、お気軽にご相談いただければと思います。

入れ歯にした場合、食べ物の味は変わりますか?

食べ物の味については味覚をはじめ、温度や歯ごたえ、香りなど様々な要素によって感じ方が変わります。そのため、入れ歯の違和感などが強い場合には味が変わったように感じることもあると思います。床部分に金属を用いた入れ歯は薄型で熱伝導率も高いため、飲食物の温度などを感じながらお食事を楽しんでいただけるかと思います。

寝る時は入れ歯を外した方が良いですか?

寝る時は入れ歯を外して、歯茎(粘膜)や支えとなる歯を休ませましょう。部分入れ歯をお使いの方は寝ている間に誤飲する可能性があるため、特に注意しましょう。入れ歯は乾燥に弱いため、水や洗浄剤につけて保管してください。
※お口の状態によっては、就寝時にも入れ歯を使用いただく場合がございます。

破損した入れ歯は修理してもらえますか?

よほど大きな破損や変形でない限りは、修理して再び使用することが可能です。破損したまま使用し続けると顎骨や歯、粘膜などに大きな負担がかかり、顎関節症や噛み合わせのずれを引き起こす可能性がありますので、注意しましょう。

保険の入れ歯と自費の入れ歯は何が違うのでしょうか?

使用できる素材や製作工程が違います。保険の入れ歯は素材・製作方法ともに決められた範囲内での製作となります。一方、自費の入れ歯は患者さまのご要望に応じて素材や方法を選択できるため、より細部にこだわることができます。

入れ歯は少しずつ合わなくなるものなんでしょうか?

歯や歯茎をはじめ、お口周りの筋肉や周辺組織は、日々少しずつ変化します。しかし、人工物である入れ歯はそれらに合わせて変化しないため、経年によって少しずつ合わなくなっていきます。ですから、入れ歯を良い状態で維持するためには、定期的にお口や入れ歯の状態を確認し、必要に応じて調整をすることが重要です。

江南市・犬山市で入れ歯の作成・作り変えをご検討の方へ

入れ歯の作成

わだち歯科クリニックは開業からこれまで、入れ歯に関して診断から製作工程、調整にいたるまで徹底的にこだわってきました。きっと患者様のご希望に応えることができるので、江南市・犬山市で入れ歯の作成や作り変えをご検討の方は、お気軽にご相談ください。


トップへ戻る