無痛治療

歯医者嫌いの方にも満足していただける「痛みを抑えた治療」

無痛治療

歯医者さんが嫌いという方は、「治療が痛い」「何をされるかわからなくて怖い」といったイメージを持っておられるのではないでしょうか。わだち歯科クリニックでは、歯科医院に対して恐怖心がある方に「無痛治療」をおすすめしており、痛みに敏感な方にもご好評をいただいております。どうして痛くないのか、その理由を説明しましょう。

わだち歯科式 「無痛」をめざすための4つのアプローチ

無痛治療

わだち歯科クリニックでは、歯科治療の痛みを抑えるために、次の4つの無痛対策を行っています。無痛といっても完全に痛みが無いわけではありませんが、治療前・治療中・治療後に痛みをほとんど感じないようにすることができます。

  • ①表面麻酔の使用

    ①表面麻酔の使用歯科治療で最初に訪れる痛みポイントは麻酔注射です。敏感な部分に針を刺すわけなので痛くないはずがないと考えられるかもしれません。当院では針を刺す前に表面に塗るタイプの麻酔も用意しています。表面麻酔により針の痛みをほとんど感じなくなります。

  • ②超極細(33G)の麻酔針

    ②最も細い注射針(33G)を使用針の太さが太ければそれだけ痛みがでるのは当然です。そこで当院では、歯科麻酔針の中で最も細い、33Gという超極細針と使っています。表面麻酔と併用することで、刺したことすら分からないくらい痛みが抑えられます。

  • ③麻酔液を温める

    ③麻酔液を温める麻酔液は冷蔵保存されていますが、これを人肌までに温め使用しています。麻酔液を温めることで注入時の痛みを緩和させることができます。患者様に見えない部分ですが、無痛麻酔にはとても重要なことです。

  • ④電動麻酔

    ③麻酔液を温める電動麻酔器の使用により、麻酔液を注入するスピードを一定に保つことで、注入時の浸透圧を一定にし、痛みを感じさせることなく注射できます。手動で行うのくらべ、無痛にて注射が可能です。

痛くない歯医者をお探しの方はわだち歯科にご相談ください

痛くない歯医者

このように、わだち歯科クリニックの歯科治療は痛みを抑えることを徹底的に意識しています。ここまで痛くないとは思わなかった!と感想を述べられる患者さまもいらっしゃいます。早期治療は痛みをそれだけ抑えることができますので、できるだけ早い段階で受診されることをおすすめします。

江南市・犬山市で痛くない歯医者をお探しの方はぜひわだち歯科クリニックへご相談ください。