口臭への対応方法

投稿日:2018年3月16日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

今日は口臭について久しぶりに書いてみたいと思います。

 

接客業など人との会話が必要なお仕事をされている方で、ご自身の口臭を気にされている方も少なくないと思います。

 

まず初めに知っていただきたいのは、人は誰でも呼吸をすれば程度の差はありますが匂いのする空気を出すのが当たり前だということです。

 

体内に吸い込んだ空気を、澄み切ったきれいなままの状態で外に出すことはできません。

 

外の空気を取り込み、体内の不要なものを出すのが呼吸です。

 

また実際はそれほど口臭がしないのに、自分の口臭が他人に不快感を与えてしまうと感じることを「自臭症」と呼びます。

 

女性の方が男性の約10倍くらい多いといわれています。

 

自分で「口臭が気になる」のと、実際に「口臭がする」のは、大きな違いがあります。

 

 

口臭の主な原因

 

次に、ここから主な口臭の原因を書いていきます。

 

①食べ物や飲み物

アルコールやにんにくなどは、消化吸収された後でも血液中に溶け出すために、肺から空気に溶け込んで口臭の原因となります。

 

②口の中に問題がある

口の中には多くの細菌が存在と、この細菌の働きによって臭いの成分が発生します。虫歯や、歯周炎が重症で、出血や膿などが出ている場合も口臭の原因となります。

 

③全身状態に問題がある

糖尿病や肝臓などの疾患や、空気が入り込む鼻や肺、胃などの疾患の影響でも口臭の原因となることがあります。

 

④タバコ

ニコチンが舌について口臭を発生させます。

 

 

そして、口臭の程度に非常に関係しているものがあります。

 

それが唾液(つば)です。

 

唾液が多いと口臭を抑える効果が高まります。

 

日常生活で緊張している時は口の中が乾くので、口臭が強くなります。また寝ている間も唾液の分泌が減少するため、起床時は口臭を感じやすくなります。

 

ここで1つ、面白いデータ(お話)を紹介させてください。

 

朝ごはんを食べない方、「ご飯食べてないから歯磨きしなくてもいいや・・・」なんて考えていませんか?

 

あるデータによると、朝ごはんを食べていない方より食べた方の方が、口臭を専用の機械で測定した時に数値が低いと書かれていました。

 

ちなみに上の朝ごはんを食べた方、というのは食べた後歯磨きをしていない方です。

 

同じ歯磨きをしないという条件で調べたところ、朝食を食べない方の方が口臭が強く発生しるということです。

 

朝食を食べたほうが、唾液の分泌量が多くなるためだと考えられています。

 

唾液には、希釈作用や洗浄作用、細菌の発育を抑制する抗菌作用、などもあります。

 

朝ごはんを食べない方も、必ず家を出る前には歯を磨くようにして下さいね。それ以前に、朝ごはんをきっちり食べることから是非心がけて下さいね。

 

 

口臭に対してのアプローチ方法

 

まずは定期的で歯科医院でクリーニングを受けましょう。やっぱり何よりも一番これが大切です。

 

口臭の原因の一番の原因は、磨き残しです。磨き残しを長期間放置した結果、そこから匂いが発生します。

 

そうであればその磨き残しをしっかり取り除く、ためないようにすることを考えて下さい。

 

もちろん日常のご自宅での口の中のケアをしっかりしてもらうだけで改善することもあります。

 

ただ重度の口臭の方はそれだけでは難しい場合も少なくありません。

 

口臭を気にしている方はまずは歯科医院での定期的なメンテナンス、掃除をする習慣をつけてみてください。

 

実際、当院で定期的にメンテナンスをしてくださってる方で、ずーっと口臭を気にしている方は一人もいらっしゃらないような気がします(体調崩した時に一時的に口臭が気になる、というような話しは時々聞きますが)。

 

他にも、口臭専用リンス・マウスウォッシュ口で1日3~5回(回数が多い方がいいです)口をゆすぐ習慣をつけるのもお勧めです。

 

ただ具体名は出しませんが、ドラッグストアなどで売られているマウスウォッシュはあまりお勧めできないものもたくさんあります。

 

ドラッグストアの商品の中には、口臭対策に良いものもあるかもしれませんが、多くのものはそのマウスウォッシュの香料(かおり)で口臭を消している(ごまかしている)ものばかりです(それをマスキング効果といいます)。

 

当院では口臭の3大原因と言われる成分そのものを減らしていくマウスウォッシュも取り揃えています。

 

あとは、舌ブラシを日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

舌ブラシとは、言葉のとおり舌を磨くブラシです。

 

歯に着いた磨き残しだけでなく、舌についた汚れ(舌苔 ぜったい と読みます。舌の表面が白っぽくなっているところありませんか?それが舌苔です)も口臭の大きな原因になります。

 

口臭を気にしている方は、ぜひ舌のお手入れもしてみてください。

 

ただここで注意がいくつかあります。

 

まず舌ブラシにはいろいろな形や材質のものがあります。

 

金属のものや歯ブラシのような毛で磨くもの、ゴム製のものなど近年多種に分かれています。材質によってはかえって舌を傷つけてしまうこともあるので、興味ある方は是非かかりつけの歯科医院で説明を聞いてみてはいかがでしょうか。

 

あと舌ブラシは、人によっては嘔吐反射(オエッってなることです)がある方もいらっしゃいます。

 

試してみてそうなる方も歯科医院で相談してみてください。もしかするとやり方が良くないのかもしれませんし、体質でそうなってしまう方もいらっしゃいます。

 

後者の場合はあまり無理せず、先ほど書いたマウスリンスを中心に使用したほうがいいかもしれません。 

 

とりあえず早急にできそうで、かつ効果の高そうなことを列挙してみました。

 

でも口臭を気にしていらっしゃる方は、まずは歯科医院を受診し相談するのが一番の早道だと思います。

 

口臭治療を希望の 江南市犬山市扶桑町 およびその近辺にお住いの方は、よければわだち歯科クリニックにご相談ください。