食事の時のテレビと歯並びの関係

投稿日:2018年2月26日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

皆さんは、家族そろってご飯を食べていますか?

 

お父さんはお仕事でご帰宅が遅かったり、小学生くらいになると塾などの習い事で、家族全員が食卓に揃うということは、簡単なようでなかなかできないご家庭も多いのではないでしょうか。

 

ですが、たとえ週1回でもそういう食事をすることを意識してみて下さい。

 

食卓での家族のコミュニケーションは大切ですよね。コミュニケーションの場にもなりますし、家族間の情報交換?近況報告?もとても大切です。

 

食事は栄養を摂るだけのものではありません(もちろん栄養も大切ですが)。ボク自身も、休みの日など家族全員で食べるご飯は楽しいです。

 

少しでも多くご家族で楽しくご飯を食べて下さいね。

 

 

食事の時、テレビはついていますか?

 

さてさて、ここからが本題です(‘Д’)

 

食事の時皆さんのご家庭では、テレビはついていますか。

 

可能なら食事の時のテレビは無いほうがいいと考えています。

 

家族の会話の妨げになることも多いですよね。

 

ただそれだけではなく、食事の時にテレビがあると子供の歯並びに悪い影響をもたらすこともあるんです!

 

 

 

えぇっ!?

 

テレビ見てたら、歯並びが悪くなるの!?!

 

 

 

と、少しでも興味を持ってくれたら嬉しいです。

 

テレビを見ることによって歯並びが悪くなるわけではありません。

 

テレビの場所が歯並びを悪くするかもしれません。

 

皆さんのご家庭の食卓にあるテレビの場所はどこですか?そのテレビは真正面にありますか?

 

真正面にあれば問題はないかもしれません。

 

ですがテーブルを囲んで、その部屋のどこかにテレビがあるということは、全員の真正面にテレビがあるということはあり得ませんよね?

 

そのような配置にするなら家族全員が横に並んで食べなくてはなりません(想像すると面白いですが・・・)。

 

1つの同じテレビを見るということは、誰かは左か右を向きながら食事を摂らなくてはならないわけです。

 

ここで1つ試してみて下さい。

 

真正面を診ながら上下の歯をカチカチしてみて下さい。

 

同じように右90度(無理しない範囲で、45度くらいでも結構ですが横に向けるだけ向いてみて下さい)、そして左も90度首を傾けてカチカチしてみて下さい。

 

真正面の時と上下の歯をカチカチした感じが違うこと気付きました(違いが分かってくれると嬉しいです)。

 

そうなんです。真正面とそうじゃないとだけで、咬んだ感じって変わってしまうのです。

 

もちろん真正面でカチカチする状態が正しい状態です。

 

テレビを見るために首を左右どちらかに傾けて、その姿勢で1日3食カチカチしていたら、それだけその姿勢で咬み合いやすいような歯並びに変わっていってしまうんです。

 

歯並びって、本当にちょっとしたことで簡単に変わってしまうものなんですよ。

 

だからどうしてもやっぱり食事に時にテレビは必要!というご家庭は、定期的に座る位置を変えてみてはいかがでしょうか?

 

ある意味、席替えですね(^^♪

 

これ冗談のように書いていますが、まじめな話です。

 

でも本当は、食事の時にはテレビは無しでまっすぐの姿勢で食べて欲しいですけどね♡

 

良ければ参考にしてくださいね。