子どもの歯並びの話 ~バクシネーターメカニズム~

投稿日:2017年12月5日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

バクシネーターメカニズム・・・・

 

聞いたこと無い言葉ですよね?

 

言葉自体は気にしないで下さい。

 

簡単に大雑把に言ってしまうと、「歯並びや上下の咬みあわせは、口の周りの筋肉の状態に大きく関係します」という考えのことです。

 

?????

 

具体的にもう少しお話していきますね。

 

まず皆さん誰にでもある舌。

 

舌って筋肉だということはご存知ですか?

 

舌からの力で、歯は内側から外側へ(口の中から口の外に向かう力)押されます。

 

一方、口唇や頬の力で歯は外側から内側へ(口の外側から口の中へとかかる力)押されます。

 

内側からの力と外側からの力のバランスの結果、歯が並びやすい位置に並び、その結果として歯並びができあがります

 

この力のバランスが悪ければ悪いほど歯並びが悪くなります。

 

例を書いてみます。

 

例えば口呼吸の場合。

 

口呼吸ということは、普段から口がポカンと開いているということです。

 

その結果、唇や頬からかかる、外側から内側への力が弱くなります。

 

その結果どうなるか・・・。

 

外側からの力以上に内側から外側への力が歯にかかるので、歯は前に出てきます。

 

つまり出っ歯になりやすい、ということです。

 

 

わだち歯科クリニックで行う矯正治療は、このよう事も念頭に入れて話をし、治療方法を提案しています。

 

犬山市や江南市、扶桑町や大口町で お子様の歯並びを心配・気にしている方は、 扶桑町 わだち歯科クリニック にお問い合わせください。

 

「今は別に何も気になっていないけど、将来的に歯並びが悪くならないようにするために、今何かできることがあれば知りたい」

 

というような歯並びが悪くなりにくくするような予防的なお話も、ご希望されればしています。

 

当院に定期的にフッ素塗布などで来院して下さる方には、そのようなお話も、こちらが見て気になることややったほうが良いと思うことがあれば、させていただいています。

 

赤ちゃんはもちろんですが乳幼児期および学童期は口の中の状況は歯並びを含め、目まぐるしく変わります。

 

例えば3か月に1回定期検診に来てる子供が、3か月前に比べて乳歯が4本抜けて、永久歯が4本一気に生えてきている・・・、なんてことも珍しいことではありません。

 

是非赤ちゃんから小学校卒業までは特に、かかりつけの歯科医院で定期的に子供の成長を見るのと同じように、口の中の成長(変化)も継続的に見て(診て)もらうようにしてくださいね

 

 

今日は、この辺で。。。