残ってる歯がきれいなほうが、入れ歯は長持ちします

投稿日:2017年12月19日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

先日入れ歯についてブログで書かせていただきましたが、今日も入れ歯ネタです。

 

入れ歯を入れていて、残っている歯が少ない方も定期的に歯科医院でその残っている歯のお掃除や歯石取りをしてくださいね。

 

そういう習慣をつけてた方のほうが、間違いなく入れ歯を長く使えます。

 

「残っている歯と入れ歯、どうして関係するの?」

 

と思いましたか?

 

 

大きく関係しますよ。

 

だって入れ歯を支えるのは、口の中に残っている歯 ですから!!

 

 

入れ歯を支える歯を失うと・・・

 

入れ歯を支える歯が抜けてしまったら、今まで使っていた入れ歯はどうなってしまうと思いますか?

 

使えなくなります。

 

場合によっては今まで使っていた入れ歯を修理して使えることもありますが、基本的には一から作り直しになります。

 

歯そのものが抜けた時はそうですが、では入れ歯を支える歯が虫歯になった時は、入れ歯はどうなると思いますか?

 

この場合も、ほとんどの場合が使えなくなります。

 

虫歯治療をしたとき、何らかの修復物がその歯に入ります。

 

プラスチックであったり詰め物・かぶせ物であったり(保険材料の銀歯、保険外材料のセラミックやゴールド関わらず)、それらを入れることで歯そのものの形は虫歯治療前と形が変わります。

 

そのために、歯に針金(ワイヤー)で支えていた場合は、その歯の形が変わることになり、その結果入れ歯の作り直しが必要になります。

 

場合によっては作り直しではなく今まで使っていた入れ歯の修理で対応できることもありますが、修理の内容・程度によっては今使っている入れ歯を数日間預からせていただくこともあります。

 

今快適に使っている入れ歯が数日手元から無くなってしまうことが困ることもありますよね??

 

 

今使っている入れ歯が快適な方へ・・・

 

今使っている入れ歯が調子良い方こそ、その入れ歯をいかに長く使うようにするかをお考えください。

 

次に作り直しが必要になった時に、今までの入れ歯と全く同じように作成できるかは分かりません。

 

今の入れ歯が壊れず、長く使うためにもぜひ定期的に入れ歯の確認を、かかりつけの歯科医院で受けて下さいね。

 

・入れ歯の確認

・残っている歯の確認

 

をしっかりしたほうが、残っている歯はもちろん入れ歯も長持ちしますからね。

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。