セミナー報告 ~セラミックのかぶせ物~

投稿日:2017年7月25日

カテゴリ:セミナー・研修報告 大人向けの歯のお話

今日は先日参加してきたセミナー報告です。

 

先日、日帰りで大阪のセミナーで勉強させていただきました。

 

セミナー内容は、補綴物(ほてつぶつ)について。

 

治療後(削った後)歯にかぶせるかぶせ物のことを補綴物と言います。

 

神経を虫歯治療で取ることになった場合、神経を取り除く処置の後かぶせ物を接着剤でくっつけます。

 

ただ、保険治療では材料の限界があります。

 

前歯だとプラスチックを主としたかぶせ物、奥歯だと銀歯になってしまいます。

 

銀歯より白い歯の色をしたかぶせ物の方が、見た目が気になりませんよね?

 

口の中が歯科医院でつけた金属ばかりだと、笑った時や見た目が気になることもよくあります。

 

それに前歯で用いるプラスチックは、色の変化を起こしますし、においを発生する原因になることもあります。

 

それに何より金属やプラスチックを用いた保険材料より、保険外のセラミックの材料の方が虫歯になりにくいという大きな利点があります

 

ただセラミックだと保険適応外なので、費用がかかります。

 

 

でも、わだち歯科クリニックとしては、多くの方に歯に対しての価値を高く感じて欲しいと思っています。

 

歯を大切にして欲しいし、歯が大切なものだと思っていただきたいと願っています。

 

なので、できる限り色がきれいでかつ虫歯になりにくいセラミックを提供したいという気持ちはあります。

 

セラミックを用いた治療が一部の方しかできないものではなく、多くの方に手が届く治療になって欲しいと願っています。

 

でも、品質は落としては当然いけません。

 

そういうことが可能になるかもしれない、そんなきっかけをいただくことができたセミナーでした。

 

色々考え、変えれそうなところは変えていきたいと思っています。

 

 

おまけです。

 

 

 

 

 

帰りは新大阪駅で、尊敬する大好きな先生と2人で串カツ食べてきました。

 

ソースの2度づけは禁止でした。。。