永久歯が出てこない・・・

投稿日:2017年5月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

「乳歯が抜けた後、永久歯が出てきません」

「左側の乳歯は抜けたのに、右側がなかなか抜けません」

 

などと時々保護者の方から質問されます。

 

これを読んで下さっている保護者の方々の中でも同じような(似たような)疑問点を持ったことがある人、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

今日はこのような質問についてお答えします。

 

 

永久歯がいつ頃出てくるかは、我々が見ても分かりません…

 

少し大げさな表現させていただきました。

 

「我々が見ても分かりません…」というのは、目で見ただけでは(視診では)判断・推測できないことも少なくない、という意味で書かせていただきました。

 

もちろん視診で推測できることもあります。

 

どういう場合かというと、まだ歯は見えてきていないけど歯ぐきを見ると永久歯が出てきそうな前兆が見られる場合や、保護者の方が気付いていないだけで、わずかに見え始めている場合です。

 

ただ、そうでない場合は口の中を見ただけでは分からないです。

 

将来的に出てくる永久歯は歯ぐきの中に隠れています。人間の目ででは歯ぐきの中を見ることができません。

 

 

歯ぐきの中の状態を見るために…

 

でも一番最初に書いたような質問を保護者の方から受けた場合、我々はきちんと保護者の方に安心していただけるような説明をしなくてはなりません。

 

「歯ぐきの中は眼では見ることができないので、よく分かりません」

 

なんて答えられたら、大切な子供を想う保護者の方にとってますます不安が募りますよね。

 

歯ぐきの中の状態を確認するために、レントゲン写真撮影が必要です。

 

レントゲン写真があれば、なかなか永久歯が出てこないと心配な部位があっても、その永久歯の位置がどのあたりにあるかが分かります。

 

それが分かれば、もう少しで出てきそうなのか、まだまだ出てくるまでには時間がかかるのか、などを把握したうえで説明させていただくことができます。

 

また時々あるのですが、骨の中の永久歯の位置・向きによっては他の歯に邪魔されて出てくることがなかなかできないということもあります。

 

そういう場合で邪魔している歯が乳歯の場合は、その乳歯を早めに抜いたほうが良いということもあります。

 

どちらにせよ、それはレントゲン写真が無いと診断ができません。

 

レントゲン写真って、きっと皆さんが思っている以上に様々な情報・有益な情報が分かるんですよ~~。

 

とりあえずお子様の永久歯がなかなか出てこない、というような疑問・不安を持たれている場合は早めにかかりつけの歯科医院を受診してくださいね。

 

 

 

おまけです。

久しぶりにブラックボード更新しました。

 

IMG_6474_R

 

よろしければクリックしてご覧下さい。