妊娠中の方へ・・・

投稿日:2019年8月10日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

妊娠中の方、妊娠期間中に歯科医院で健診(妊婦歯科健診など)はしましたか(していますか)?

 

最低1度でいいので、本音を言うと必ず妊娠中に受診してほしいと思っています。

 

人によってはつわりがひどい方もいらっしゃると思います。そういう方はつわりが落ち着いてからでもいいです。

 

妊娠初期に来てもらったほうが、妊娠中に気を付けてほしいことや将来元気に生まれてくる赤ちゃんのために、今お母さんができることなどをお伝えすることはできます。

 

初期に来ることが難しいなら妊娠安定期でも構いません。

 

 

一番避けたいのが、妊娠後期に歯に痛みが出て歯科医院を受診するケース。

 

もしそこで大きな虫歯があったりしたら・・・・・・・・・・

 

大変です。

 

虫歯が大きいと歯の神経を取らなくてはならないこともあります。

 

痛みがあるなら、高い確率で歯の神経を取らなくてはならないかもしれません。

 

 

歯の神経を取る治療は治療回数が何回くらいかかるかご存知ですか?

 

 

歯科医院の治療方法にもよりますが、前歯だと5~7回、奥歯に行くほど知慮回数は増え、奥の方の大臼歯(だいきゅうし)だと7~10回くらいかかります。

 

週1回来院するとすると、1か月以上かかることになりますよね(場合によっては2カ月近く)。

 

出産前に終われればいいですが、当然妊娠直前になればなるほど出産前に終わることが難しくなります。

 

出産前にすべて終えることができなければ、当然治療がそこで中断します。

 

出産後のお母さんの状況そして赤ちゃんの状況によって変わると思いますが、おそらく1か月くらいは中断してしまうでしょうか。

 

 

歯の神経を取る治療は、治療が中断すればするほど(間が空くほど)治療後の予後が悪くなります。

 

 

歯そのものを抜かなくてはならない(抜歯です)確率が高くなります

 

また、出産後治療を再開する場合、赤ちゃんを見てくれる身内の方はいらっしゃいますか?

 

そういう方がいないと、なかなか治療再開も難しいかもしれません。。。

 

妊娠中のお母さん、虫歯は無い(出産後に突然歯がいたくなるような虫歯は無い)と自信をもって言えますか?

 

言えない方は、近隣またはかかりつけの歯科医院に訪れて下さいね。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

(わだち歯科クリニックの特徴①)

充実したメンテナンス体制_多くの歯科医院が歯科衛生士数0~2名の中、当院では6名のスタッフが在籍しています。

 

(わだち歯科クリニックの特徴②)

たくさんの妊娠中・授乳中の方が歯の掃除や虫歯治療に来てもらっています_歯科医師・歯科衛生士ともに妊娠中・授乳中の方へのご対応には慣れています。ご安心ください。

 

(わだち歯科クリニックの特徴③)

キッズスペースあります_お母さんが治療中、スタッフが空いていればお子様を見させていただきます(スタッフ数の状況によってはお受けできないこともあります)。