栄養素 亜鉛

投稿日:2017年2月3日

カテゴリ:食と栄養・サプリメントコラム

 

今日は栄養素の1つ、亜鉛について書いてみます。

 

亜鉛は大人の体内に約2gある、鉄の次に多い微量ミネラルです。

 

亜鉛は小腸で吸収され、タンパク質とくっついて存在しているそうです。

 

亜鉛の吸収を妨げるものとして、多すぎる食物繊維や加工食品に多く含まれるリン酸などが挙げられます。

 

亜鉛の効果はとてもたくさんあり、個人的には鉄と同じくらい人間にとって大切なミネラルだと思っています。

 

・皮膚を守る

・妊娠を維持する

・アレルギーの抑制

・怪我や火傷の回復を促す

・味覚を正常に保つ

・脱毛を防ぐ

・精力増強

・身体の酸化防止

 

味覚異常や加齢とともに味覚の変化が起こっている方は亜鉛不足が原因かもしれません。

 

あと、虫歯治療してもすぐ虫歯の再発が多い傾向のある方は、亜鉛が不足していることが多いとも言われます。

 

 

亜鉛が不足すると、いろいろな症状が起こります。

 

まずは皮膚症状。アトピー性皮膚炎含め皮膚に症状ある場合、亜鉛不足かもしれません。

 

他には先ほど少し書きましたが、亜鉛は味覚に大きく関係するので、不足すると味覚障害がおこります。最近では若者でも味覚障害があることも増えてきているようです。

 

他にもまだまだありますのでここからは列挙します。

 

・性腺発育不全や精子の形成障害(諸外国では不妊治療で亜鉛が使われることもあるようです)

・傷の治りが遅い

・脱毛(髪が抜けやすい)

・風邪ひきやすい

・鉄欠乏性貧血

 

亜鉛は美肌ミネラルともいわれます。

 

皮膚は90%くらいはコラーゲンです。美肌を意識するなら、コラーゲン生成に重要なたんぱく質・ビタミンC・鉄を中心に(これは何度かブログで書いていますね)、美肌ミネラルである亜鉛や細胞の正常な文化を促すビタミンAも一緒に摂るとさらに良いです。

 

あと、アルコールをよく飲む方は亜鉛不足に陥りやすくなります。アルコールは様々なビタミンやミネラルを奪ってしまいます。

 

亜鉛不足はお口の中の乾燥や、先ほど書いたように味覚異常に関係します。

 

その他の口の中の症状としては

がピリピリする

・食べ物が舌にしみる

・前より口が渇く

 

 

今日はこの辺で。また今後、他の栄養素についても時々書かせてくださいね。

 

 

 

おまけです。

ブラックボード更新しました。

IMG_5310_R

よろしければクリックして見てみて下さいね。