口内炎と栄養とサプリメント

投稿日:2017年1月25日

カテゴリ:未分類 食と栄養・サプリメントコラム

※ 今回のブログは約3年くらい前のブログの加筆・修正です。

 

口内炎がよくできる人っていますよね。

 

原因はいろいろあると思います。

 

・辛い食べ物やタバコなど刺激物が好きな方

・日常生活が忙しかったり不規則な方

  ・

  ・

  ・

 

でもやっぱり一番の原因は食生活ではないでしょうか。

 

栄養不足又は栄養の偏りが原因で口内炎ができやすくなります。

 

個人的には口内炎に悩んでいる方には、特にビタミンB群をしっかり摂ることをおススメします。ただビタミンB群とビタミンCは、調理時に火を通すと量が激減してしまいます。なので摂るのが容易ではない栄養素です。

 

どうしても口内炎が頻繁にできて気になる(困っている)方は、サプリメントで補ってみてはいかがでしょうか。

 

ビタミンB群は口内炎だけに効く訳ではありません。ほとんどの方がビタミンB群は間違いなく不足しているので、他にも日常生活で変化を実感するかもしれません。

 

ビタミンBは一緒に摂る(複合体として)取るのがベストです。ビタミンB群のなかには、ビタミンB1・B2・B6・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・B12・葉酸などが含まれます。

 

あと、アルコールをたくさん飲む方は、それに伴いビタミンB群が消費されてしまうので、飲酒をされる方は積極的なビタミンB群の摂取をおススメします。

 

ビタミンB群が不足すると・・・・・・・・・・

 
・疲れやすい、疲れが取れない

・日中よく眠くなる

・集中力が続かない

・イライラする

・口内炎や口角炎によくなる

・風邪をひきやすい(ビタミンCも風邪予防効果があります)

 

などの症状が起こりやすくなります。

 

なかなかしっかりとビタミンB群を摂取するのは食事だけでは非常に難しいです。上記で当てはまるものが多い方は、サプリメントを用いることも考えていただいてもいいと思います。

 

 

最後に、先ほどビタミンCについても少しですが書いたので、もう少し詳しく書いて今日は終わります。

 

ビタミンCは一般名をアスコルビン酸といいます。家にドラッグストアなどで買った風邪薬がある方は、ぜひ一度その薬のラベルを見て下さい。結構アスコルビン酸という表記があると思います。

 

つまり風邪対策にビタミンCは有効なんです。

 

よく風邪をひく方は、当院で販売しているビタミンC+オリーブ葉のサプリメントの組み合わせがおススメです。まずは1つという方はビタミンCを一度使ってみて下さい。

 

あとビタミンCは、水に溶け血液や目の水晶体など体の水溶性の部分でサビを取る役目(抗酸化作用)もあったり、コラーゲンを作るのにも必要です(コラーゲンを作るには、タンパク質・ビタミンC・鉄が必要です)。

 

なのでお肌が気になる方は上記を意識して食事を作ったり、サプリメントで補ってみて下さい。

 

※身体がさびる事=酸化といいます。ビタミンCには強い抗酸化作用があります。老化=酸化(身体のさびつき)+糖化(身体のこげつき)です。だからアンチエイジング効果も抜群です。

ちなみにですが、抗酸化効果を期待してサプリメントでビタミンCを摂る時、一緒にビタミンEのサプリメントも使って下さい。ビタミンCとビタミンEを一緒に摂ると大きな相乗効果があります。

 

まだまだビタミンCの優れた効能はありますが、もう少しご紹介をしてみます。

 

ビタミンCをがん治療で応用することもあります。高濃度ビタミンC点滴といいます。ビタミンCを点滴するんです。

 

ステロイドホルモンを作るのも役割の1つです。だから不足すればストレスに弱くなります(これはビタミンB群も同じかもしれません)。

 

さらには鉄の吸収を助けます。だから貧血傾向のある方は鉄だけでなくビタミンCも補うと良いかもしれません。

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございます。