母乳と虫歯 の関係性

投稿日:2019年9月2日

カテゴリ:赤ちゃん子育てヒント

「母乳をずっと与えていると虫歯になりやすいのでしょうか?」

 

 

時々聞かれるので、今日はブログでわだち歯科クリニックとしての意見・考えを書いてみます。

 

結論から先に書きます。

 

当院としてはそこまで大きな問題・違いは無いと考えています。

 

確かに母乳にも乳糖という糖の成分は含まれてはいます。

 

砂糖よりは虫歯には断然なりにくいですが、全く虫歯の原因にならないわけではありません。

 

でもこれについてなら、母乳だからというわけではなく、人工乳(ミルク)でも結局同じです。

 

 

母乳そのものに原因があるのではありません

 

母乳そのものが良くないのではなく、他に原因があることがほとんどではないでしょうか。

 

まずは <飲ませ方>。

 

口の中がきれいではない状態で、寝るときに授乳させながら寝かせつけたり、夜何度も飲ませれば虫歯にはなりやすくなります。

 

でもそれは母乳に大きな原因があるわけではないことは、ここまで読んでいただけれたならもうお分かりですよね。

 

母乳に大きな問題があるのではなく、母乳の中のほんのわずかな乳糖で虫歯を発生しやすくなるような口の中の環境に問題があるのかもしれません。

 

寝る前の仕上げ磨きはできる限り念入りにお願いします。

 

口の中の虫歯菌は、就寝時に最も活発になります。

 

唾液量が減るからです。就寝時口が開いていれば、より一層唾液の量は減るので、さらに虫歯リスクは高まります。

 

そして可能であれば、夜頻繁におっぱいをくわえさせないようにしてくださいね。

 

可能であれば・できる限り、で結構です。

 

夜頻繁におっぱいをくわえさせないようにすることで、虫歯のリスクを減らすことができます。

 

ですが、根本的な問題として虫歯菌が定着・増殖しやすいような甘いものを、卒乳前の赤ちゃんの時期から与えてしまっているのが一番良くありません。

 

 

3歳までは味覚の形成時期です。その頃までは、できる限り砂糖に触れる量・頻度を減らしてください。

 

 

年齢によっては仕上げ磨きが十分できない年代もあります。

 

そういう時だからこそ、まずは甘いものをできる限り与えないことを心がけて下さい。

 

甘いものを与えて、仕上げ磨きもしっかりできなくて、頻繁に就寝時母乳を与えていれば、虫歯はできやすくなってしまうのは仕方ないことです。

 

でもそれなら、母乳が悪いわけではないですよね。

 

母乳が虫歯になりやすいかを考えたり心配する前に、まず先に、生活全般で考えたり見直すことが無いかを考える方が先だと、わだち歯科クリにニックは考えます。

 

母乳育児は咬む力・筋肉を鍛え、食べる機能を発達させます。

 

母乳をしっかり飲むことはとても大切なことです。

 

「虫歯になるかも」という理由だけで、母乳をやめてしまうのは、とてももったいないと思います。

 

 

<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>

 

(わだち歯科クリニックの特徴①)

生後6か月で歯医者デビューを勧めています

_下の前歯が出てきたら、まずそこで見せて下さい。

 

(わだち歯科クリニックの特徴②)

有効なフッ素の用い方ご提案します

_3歳までに定期的に歯科医院に通う習慣をつければ、高い確率で生涯虫歯0を保護者の方からお子様へプレゼントできます。

 

(わだち歯科クリニックの特徴③)

院長自身も育児で奮闘中(疲労困憊中??)

_院長自身も2歳の娘がいます。大声で泣かれても、慣れていますのでご安心ください。