虫歯がよくできてしまう理由

投稿日:2017年3月15日

カテゴリ:大人向けの歯のお話 子供の歯と歯ならびのおはなし

今日のブログは、虫歯になってしまう理由について考えてみたいと思います。

 

「どうして虫歯ができてしまったと思いますか?」

 

と質問されたらどう答えますか?

 

「歯みがきがしっかりできなかったから」と答えますか?

 

でも皆さんの周りですごく一生懸命歯ブラシ毎日しているのに歯科医院に行くたびに虫歯が見つかる方いらっしゃいませんか?

 

また逆に、歯ブラシの回数少ないのに全然虫歯ができない方とか・・・。

 

 

虫歯ができるメカニズム

 

 虫歯は色々な条件が重なってできてしまいます。

 

Screenshot_2016-06-27-15-29-46~01.png

 

カイスの輪という有名な図です。

 

図の通り、虫歯ができるには宿主条件(歯の質や唾液の質・量など)と食べ物(砂糖を中心とした糖質)、口の中の細菌、の3つの因子が重なると歯は虫歯になってしまいます。

 

逆に言うと、どれか1つでも条件を無くすことができれば(満たさなければ)虫歯はできない(できにくくなる)というわけです。

 

 では、上記の条件を無くしたり良くするためにできることは何でしょうか?少し考えてみましょう。

 

 

宿主条件

 

まず歯の質を良くする(強くする)といえば、定期的な歯科医院でのフッ素塗布やご家庭でのフッ素配合剤(歯磨き粉やジェルなど)を使用することが第一です。

 

さらに唾液の量を増やすにはよくブログで書いているのですが、口呼吸であれば鼻呼吸に治していくことを考えるのもとても有効です。

 

 

食べ物

 

これは明白ですよね。砂糖の量を減らせばいいだけです。

 

砂糖を毎日どのくらい摂っているか今一度振り返ってみて下さい。

 

砂糖の量と同じくらい大切なのが “頻度” です。

 

1日に何度も砂糖を摂っている人は要注意。虫歯になりやすいです。

 

砂糖が歯の表面や口の中に停滞していることが良くありません。長く停滞させないためにも水やお茶で洗い流したり(ブクブクうがい)、歯ブラシをしっかりしてください。

 

口腔内の虫菌の多いことが原因でしたら適切なブラッシングを行うことや、歯科医院で細菌たちの塊でもある歯石を除去することが挙げられます。

 

 

口の中の細菌

 

細菌を減らすにはどうすれば良いか・・・、これも明白です。

 

口の中や歯をきれいに保てばいいわけです。ご自宅での歯ブラシももちろん大切ですし、歯科医院での定期的な歯石取りや歯の掃除がとても大切になってきます。

 

 

最後に・・・

 

ここまで読んでいただいて、よく虫歯ができる方、治してもすぐ再発する方、今までたくさん治して金属がたくさん口の中にある方・・・、ぜひ一度自分がどこに原因があったのか考えてみませんか?

 

・砂糖の量や頻度が多くありませんか?

・定期的に歯科医院で歯の掃除はしていますか?

・お子様は歯科医院でフッ素塗布はしていますか?

・自宅での歯ブラシの回数少なくありませんか?

・口呼吸ではありませんか?

  ・

  ・

  ・

  ・

 

3つ全てを改善することは簡単ではないかもしれません。ですが3つ全ての条件を満たさないようにするのは、そこまで難しくないと思いませんか?

 

3つ全てを満たさなければ虫歯は発生しないわけですから・・・。

 

3つの条件因子とうまく付き合っていくことを考えて、心がけてみて下さいね。

 

 

 

おまけです。

ブラックボード更新しました。

IMG_5841_R

 

よろしければクリックして見てみて下さいね。