フッ素の役割 歯科医院でのフッ素塗布・ご自宅でのフッ素の使用

投稿日:2018年9月10日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

歯の再石灰化』という言葉、聞いたことありますか?

 

テレビのコマーシャルなどで再石灰化という言葉を聞かれたことがある方がいらっしゃるのではないでしょうか(歯磨き粉のCMなどで)。

 

再石灰化とは、虫歯の原因となる酸によって歯が溶けた(これを脱灰 だっかいと読みます)エナメル質が、唾液中の成分であるリン酸カルシウムによって修復される現象のことをいいます。

 

歯の表面は常に脱灰と再石灰化を繰り返しています。

 

このバランスが崩れることで虫歯ができ進行しやすくなります(この再石灰化が口の中でしっかり起きていれば、歯は簡単には虫歯になりません)。

 

また一度大きな虫歯ができてしまった場合は、残念ながら再石灰化で治ることはありません。

 

初期虫歯なら、再石灰化の効果によって虫歯が進行しにくくすることもできることもあります。

 

フッ素を定期的に塗る目的は、歯にこの再石灰化を促進させるためです。

 

 

フッ素の役割・効果

 

フッ素(フッ素塗布)の効果として

①歯の再石灰化の促進・歯質強化(歯そのものが強くなるイメージです)

②虫歯の原因となる、細菌が発生する酸の産生を抑制する

 

歯科医院で塗布するフッ素より濃度はかなり低いですが、歯磨き粉にもフッ素配合のものもありますので、そういうものを利用するのも悪くないと思います。

 

濃度は低くても頻度を考えた場合には、歯科医院でのフッ素塗布より、ご自宅での歯磨き粉に軍配が上がりますよね。

 

ご軸での歯磨き粉は毎日使用することが簡単にできます。

 

ただフッ素配合を謳っている歯磨き粉は、歯ブラシ後のブクブクうがいをあまりやり過ぎないようにして下さいね。

 

せっかく歯の表面に付着しても、うがいをし過ぎれば流れてしまいます。

 

そうなれば当然効果も激減です。

 

言われてみれば当然だと思われると思いますが、ぜひここも意識してくださいね。

 

高濃度のフッ素は歯の表面に対して、低濃度のフッ素はたとえ低濃度であっても、継続することによって歯の深部に効果的(有効)だという報告もあります。

 

つまり、歯科医院での高濃度のフッ素塗布もご自宅での歯磨き粉の中のフッ素やフッ素洗口(フッ素を用いたブクブクうがい)も、どちらにもそれぞれ意味があり、可能ならどちらも考えて行っていくことが大切だということです。

 

でもフッ素に効果があっても、一番の虫歯予防は当然日々の食生活の改善です(砂糖の摂取量と砂糖を摂取する頻度を減らす)。

 

根本を見失わないようにしてくださいね。

 

よければ参考にしてください。

 

今日はこの辺で・・・。