ホワイトニングって?

投稿日:2016年12月13日

カテゴリ:ホワイトニングコラム

<歯の色 気になりませんか?>

 

自分自身の歯の色を気にしている方は少なくありません。「歯を白くしたいけど・・・」「歯医者さんでホワイトニングができるって聞いたことあるけど・・・」、歯科医院でホワイトニングについて話を聞いたことがある方や歯科医院のホームページを見たことがある方は、ある程度いろいろな知識や情報をお持ちだと思います。

 

今回はあまりそういうものを見たことがない方に向けて歯科医院で行う歯のホワイトニングについて書いてみたいと思います。

 

 

歯が白くなるメカニズム

 

歯の表面にホワイトニング剤をつけるとフリーラジカル(活性酸素)が発生します。フリーラジカルが汚れを分解し、その結果歯が白くなります。

 

※ホワイトニング剤は、過酸化水素や過酸化尿素が主に用いられます。それぞれの歯科医院が取り扱っているホワイトニング剤によって多少の違いはあります。

 

ホワイト二ングは歯のマニキュアとは違い、不自然に白くなることはありません。歯の中の色素を分解してくれるため歯に透明感が出て、とても自然に白く美しくなったと感じていただけると思います。絵の具のような白色ではなく、透明な輝くような白色です。

 

 

ホワイトニングのメリット

 

ホワイトニングのメリットは、まず第一に当たり前ですが「歯が白くなる」ということです。

 

歯の色が気になっていてコンプレックスを持っていた方が、ホワイトニングをした結果歯が白くなり、白くなった歯を見せて笑うことができるようになったら、素晴らしい事だと思いませんか?

 

そして「歯を削らなくてもいい」ということもメリットだと当院では思っています。歯を削って被せ物を接着剤でつけることで歯の色を変えていくのではなく、歯の表面にジェル状の薬剤を付け、自分自身の歯を削らずに歯を白くすることができます。

 

歯を削ったりしないので、歯へのダメージはもちろん、患者様ご自身の心理的負担も少なくなります。

 

 

ホワイトニングの種類

 

最後に簡単にですがホワイトニングの種類について今日は終わります。

 

①オフィスホワイトニング

 

オフィスホワイトニングは歯科医院でホワイトニングを行う方法です。

 

歯の表面にホワイトニング剤を乗せ、LEDを照射し、歯の沈着色素を分解して歯を白くします。急激に歯を白くするため、ホームホワイトニングに比べて再着色が起こりやすいとも言われます(そこは取り扱うメーカーにより異なるので、気になる方はかかりつけの歯科医院で相談・質問してください)。

 

必要に応じて追加のホワイトニングを行う場合もありますが、その日のうちに歯の色を白くしたい方にはおすすめです。

 

②ホームホワイトニング

 

ご自宅でお好きな時間にホワイトニングを行っていただく方法です。最初に歯型を歯科医院で取り、マウスピースを作成します。個人差はありますが、効果が現われるまで2~6週間くらい必要です。

 

③デュアルホワイトニング

 

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを同時に行う方法です。 ホームホワイトニングより短い期間で終了でき、高い効果が得られます。さらに、ホワイトニング後の再着色も起こりにくく、効果が長期間持続します。

 

順番としては、まずはオフィスホワイトニングで歯を白くします。その24時間後、ホームホワイトニングを開始し、ゆっくりと 白くしていきます。

 

 

ここまで読んでホワイトニングについてご興味を持たれたら、当院の ホワイトニングのページ をご覧ください。

 

 

よくブログで書くのですが、今はホワイトニングは特別な処置、限られた方のみが行うものではもはやありません。

 

年末に、もしくは来年ホワイトニングについて興味を持っている方は一度歯科医院で話だけでも聞きに行かれてはどうでしょうか。

 

後悔することは無いと思いますよ。

 

 

 

おまけです。

ブラックボード更新しました。

 

img_4935_r

よろしければクリックして見てみて下さいね。