歯を長持ちさせるために・・・

投稿日:2016年12月17日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

歯は削ったら二度と元に戻らないってご存知ですか?

 

そんなの当たり前だよ!と思われたかもしれませんが、人間の体で考えてみると 転んで擦り傷ができても時間が経てば治りますよね。 また骨が折れても、ギブスをしておけば骨ができて治ります。

 

歯は他の体の組織と異なり、自浄作用(自分で良くなる能力)がありません。

 

きっと体の中でそうなのは歯だけではないでしょうか。ですから悪くなったら悪い部分を削り、金属やプラスチックなど人工の物で補うしかないのです。

 

転んで傷ができたら、その部位を取り除いて、人工の金属でできた皮膚などをつけるようなことです。訳の分からない話だと思いませんか。まるでSF映画の世界ですよね。

 

ですが、歯にはそのようなことをしているのです。

 

 

歯は治療したら治っていると言えるのでしょうか?

 

悪くなった部分を金属などの人工物で修復しても残念ですがデコボコやスキマができます。 人間の目には分からなくても(分かりづらくても)、細菌にとっては大きなデコボコです。そこに細菌がたまりやすくなったりして修復物のすき間から新たな虫歯ができる原因になってしまいます。

 

しかし自分の歯にはそのような不自然なデコボコはないので細菌はたまりづらいです。

 

なのでわだち歯科クリニックでは経過観察で済む虫歯であれば、治療するのをできる限り先延ばしにしたい と考えています。

 

患者様は「治療すれば治る」と思っていらっしゃいますが、それは違います。

 

神経まで到達してしまった歯は神経がある歯に比べて、残存年数(歯の寿命)が飛躍的に短くなります。神経を取った歯はもろくなります。ちょっとした衝撃で割れたり折れたりしやすくなりますし、磨き残しが長期間たまっていたり体調を崩すだけでも細菌感染をしやすくなります。

 

 

われわれ歯科医療従事者が行っていることは、悪くなってしまった歯を治すということではなく、「機能を回復させる」だけなのかもしれません。

 

 

悪くならないようにどうするか

今の状態を持続するために何ができるか、

をわだち歯科クリニックと一緒に考えてみませんか