神経を取らない痛みが無い治療法・ドックスベストセメント

投稿日:2016年11月21日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

ドッグスベストセメントという言葉、聞いたことはありますか?

 

ドックスベストセメント治療は、以前にTBS系「世界のスーパードクター」などのメディアでも取り上げられたことのある歯科材料です。

 

虫歯は通常では「虫歯部分(軟化象牙質)を完全に削って除去」することが基本です。虫歯部分(軟化象牙質)を除去して歯の神経(歯髄)まで虫歯が達していたら「歯の神経を取る」という残念な結果になってしまいます。

 

神経を取った歯は、歯の根っこの先に膿がたまって痛みが出る可能性も出てきますし、さらに歯はもろくなるため破折してしまい、その結果抜歯になることもあります。残念ですが、神経の残っている歯に比べて神経を取った歯は確実に寿命が短くなります

 

このドックスベストセメントは虫歯が神経にまで達していても虫歯部分を取り除きません。虫歯部分を残してその上にドックスベストセメントを詰めるのです。虫歯部分(軟化象牙質)はドックスベストセメントの力で無菌化され、石灰化してしまいます。

 

歯には「歯をあまり削らない事」、「神経を取らない事」が良いことです。

 

ドックスベストセメントを使うことにより、最小限で虫歯部分を削りセメントを詰めることで、患者様にとって痛みの少ない、そして歯を長持ちさせる可能性が高くなります。

 

ドックスベストセメントは、アメリカで商品化されたセメントです。ドックスベストセメントには、人間の血液中に含まれる銅イオンを主成分とした様々なミネラルから作られているので、人の体にもやさしく(副作用などの危険性もありません)、お子様からお年寄りの方まで、安心・安全に使用することができます。

 

ドックスベストセメントは、虫歯が治るだけでなく、虫歯の再発を予防する薬としても効果を発揮します。

 

 

ドックスベストセメントの注意点

ここまで読むとドックスベストセメントはとても優れたもののように思われるかもしれませんが、すべての虫歯治療に適応できるわけではありません。

 

以下、いくつか注意点を説明します。

 

・ドックスベストセメントは保険外診療となります。

・痛みがすでに出てしまっている虫歯には難しいかもしれません(行っても予後は良くありません

・小さな虫歯には用いません(小さな虫歯の場合は、ドックスベストセメントは必要ありません)

 

 

わだち歯科クリニックは日々研鑽を重ね、様々な治療方法を提供しています。

 

虫歯治療だけでなく、矯正治療ホワイトニング審美歯科分野でも、ぜひお気軽にお問い合わせください。 

 

 

おまけです。

ブラックボード更新しました。

 

img_4771_r

よろしければクリックして見てみて下さいね。

 

 

 


■ 他の記事を読む■