妊娠と歯周病(歯槽膿漏)

投稿日:2018年9月17日

カテゴリ:大人向けの歯のお話 赤ちゃん子育てヒント

歯周病妊婦さんについて今日は書いてみたいと思います。

 

わだち歯科クリニックでは、妊娠中は定期的に口の中のケアをすることで、できる限り清潔に保つことを強く推奨しています。

 

その理由として、歯周病が早産の原因になることもあるからです。

 

妊娠中は膣が細菌感染しやすくなっています。そのために膣から細菌が子宮や胎盤に入ったり、母体の血液によって子宮や胎盤に細菌が運ばれてしまうこともあるようです。

 

歯周病は、口の中の歯周病の原因となる細菌による感染の結果なので、この細菌が母体の血液を介してしまった結果、子宮内感染を起こす可能性があります。

 

可能性としてはあまり多くはありませんが、それでも妊婦さんは将来元気に生まれてくる赤ちゃんのためにも、ご自分の口の中の(細菌の)状態には気を配ってみてはいかがでしょうか。

 

小さなお子様の虫歯は、お母様から虫歯の原因となる細菌がうつってしまった結果、できてしまうこともあります。

 

産まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯菌は存在しません。

 

口うつしで使用したスプーンや、しないと思いますが共有した歯ブラシでうつりやすくなります。

 

ですが、だからと言って過度に神経質になるのは良くないと、当院は考えています。

 

お母さんから赤ちゃんへ細菌がうつりやすい時期(月齢)は、正直あります(そういうことを月1回行っている ママ赤ちゃん子育て教室 でお話していますし、来院者さんには健診の時にお伝えもしています)。

 

あまり神経質にならず、小さなお子様をお持ちのお母様は、虫歯があればきちんと治療を済ませ(可能なら妊娠中に、さらに欲を言えばできる限り 妊娠する前に 。)、ご自宅の歯ブラシも丁寧に行って下さいね。

大切なお子様のためですよ(#^^#)

 

ご家族全員で意識を高めることを推奨します。

 

家族全員で定期的に検診をする習慣 つけてみませんか?

 

ほとんどのご家庭が、子供の食事を作るのがお母様だと思います。なのでまずはお母様に色々な情報を知っていただきたいと当院では考えています。

 

わだち歯科クリニックでは治療のたびに色々な形で情報提供をしています(その日に行った治療の説明、および今後の治療の流れなども含めて)。

 

ぜひお母様が中心になって家族全員のお口の中の健康維持・健康増進をわだち歯科クリニックと一緒に考え、実践していきませんか。

 

それに賛同して下さるご家庭が増えていくことが、間違いなくこの地域の健康水準の向上にもつながっていくのではないでしょうか。

 

・・・・・なんて大げさに聞こえるかもしれませんが、本気で思っています。

 

 

妊娠したらわだち歯科クリニックへ。

妊娠中授乳中の方へも検診・治療ともに対応可能です。

 

 

<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

 

(わだち歯科クリニックの特徴①)

しっかりと説明をします_分かっていただけるまでいろいろな方法でお伝えさせて下さい。患者さんが納得できないうちは治療を進めません。

 

(わだち歯科クリニックの特徴②)

0歳から通える歯科医院_フッ素は歯が出ている時(途中)の方が吸収されます。お母さんと一緒にお子様の成長を見守らせてください。口の中を良くする(良い提案をさせていただく)ことでサポートをさせて下さい。

 

(わだち歯科クリニックの特徴③)

マウスピース型矯正装置で歯並びを治します_お子様の歯並びを良くしてあげたいと願うお母さんは早めにお越しください。歯並びが悪くならないようにするためにご自宅でできることも、いろいろお伝えします。