朝ごはん 食べてますか?

投稿日:2018年10月10日

カテゴリ:食と栄養・サプリメントコラム

朝は1日の始まりです!

 

朝ご飯については賛否両論色々な意見がありますが、わだち歯科クリニックの考えとしてはメリットもとても多いので、ぜひ食べてもらいたいと思っています(お子様は特に)。

 

朝ごはんを食べるメリット

 

・起床後の体温上昇が速やかにできる

・寝ている間に失った水分の補給ができる

・体温を上昇させる

・腸のぜんどう運動を促し、便秘の予防・改善になる

・1日の活動エネルギーを補給する(低血糖の改善)

 

 

朝ごはんの考え方・摂り方

 

朝ごはんは、体温を上げ代謝を高めることを意識してみてください。

 

・エネルギー源となる炭水化物+代謝を上げるたんぱく質の組み合わせ

・身体を内側から温め、体温を上げる温かいもの

・よくかむ必要があるもの

    _たくさんかんだ方が体温が上がります

     かめばかむほど胃腸が活発に動き始めます

 

☆ごはんと大豆の組み合わせがベストバランス_ごはん+みそ汁 ごはん+納豆

 ☆温かいみそ汁やスープもGood!

    _具だくさんにして1品でもバランスよく。

             ・豆腐や肉、卵、魚でたんぱく質を補いましょう

                 ・野菜たっぷりに(食物繊維とビタミン・ミネラルを)

                 ・香辛料の利用(しょうが、唐辛子、お酢、七味など)で体温UP

 

 

最近の朝ごはんの傾向

 

・圧倒的にパン食が増えている_忙しい朝には楽

・液体・柔らかい物が多い_野菜ジュース、ヨーグルト、バナナ、スムージーetc

・冷たい物、身体を冷やすような食材のものが多い

・咀嚼がほとんどない(あまり噛まなくてもいいものが多い)

 

朝ごはん こんなときはどうする?

 

・お腹が空いていない

・胃がもたれている

・朝ごはんを食べるとダルくなる

   ↓ ↓ ↓

こんな方は、胃腸力が落ちているかもしれません!!!

 

⇒まずは軽い物から食べましょう_飲み物、フルーツ、みそ汁だけetc

 

⇒胃腸力の低下は、夜ご飯に原因があることも多いです

   ・おかず中心になっていませんか?_ごはん+みそ汁を基本にしましょう

   ・かまずに食べていませんか?

   ・寝る直前まで食べていませんか?

 

 

可能なら朝ご飯はパンではなくお米にしてみませんか?

 

朝はお子様もそしてお母さんもとても忙しいと思います。朝ごはんは大切ですが、頑張りすぎないでください。

 

前日の夜ご飯を中心にして基本的に考えてもらえればいいと思います。

 

その中に、今日のブログで書いたようなことを少しでも参考にしてもらえたら、さらに素晴らしい健康的な朝ごはんになると思います。

 

ただ、可能なら朝ご飯はパンではなくご飯(お米)をおススメさせてください。

 

毎日お米でなくてもいいですが、例えば1週間のうち5日は朝ごはんお米にするとか。

 

朝ごはんがパンだとどうしても砂糖いっぱい油いっぱいの食事になってしまう可能性が高くなります。

 

パンに何を塗りますか?

 

マーガリン?ジャム?

 

どちらも砂糖いっぱい油いっぱいですよね?

 

最近の食パンには砂糖がたくさん使われているものも少なくありません。

 

食パンの袋の原材料表記見てみて下さい。

 

ブドウ果糖液糖みたいな表記ありませんか?

 

砂糖がたくさん含まれているパンに砂糖いっぱいのジャムやマーガリンを塗る・・・。

 

パンと一緒に何を飲んでいますか?

 

お水やお茶ならいいと思います。でもパンにはどうしてもジュース(炭酸飲料水、清涼飲料水など)になってしまいがちです。

 

米が主食の朝ごはんの場合、昨日の残りのほうれん草のお浸しは合いますが、パンに合わせるとしたらほうれん草は、ほうれん草のバターソテーになってしまいます。

 

ここでも使われるのは油です。

 

歯医者だから砂糖は虫歯になりやすいから砂糖は減らしましょう、と言っているのではありません。

 

もちろんそれもあります。

 

でもそれだけではなく、砂糖と油の取り過ぎは子どもの身体も悪くしていくということを認識していただきたいのです。

 

だからこそ、毎日朝ごはんがパンだと少し心配です。

 

 

 

わだち歯科クリニックは、子育て頑張るお母さんを応援します !(^^)!

 

よければ参考にしてくださいね。

 

 

 

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

 

(わだち歯科クリニックの特徴①)

分かるまで説明をします_セカンドオピニオン希望の方もご予約下さい。お話だけでも結構です。

 

(わだち歯科クリニックの特徴②)

0歳から通える歯科医院_子供の健康のためになるような <お金がかからない> 食育の話、ご興味ある方には喜んでさせていただきます。

 

(わだち歯科クリニックの特徴③)

マウスピース型矯正治療_6~8歳くらいで子供の歯並びが気になる方、お早めにご来院ください。