親知らずは抜かなくてはいけないの?

投稿日:2016年9月6日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

「親知らずは抜かなければならないのですか?」

 

時々患者様に聞かれます。今日はこの質問にお答えするような感じでブログを書いていきます。

 

 

親知らずはすべて抜かなくてはいけない、とは当院は考えていません。ただ抜いたほうが良い親知らずもありますし、現時点では抜かなくて良くても、今後場合によっては抜く必要が出てくることがありえるということもございます。

 

どういう場合に抜いたほうがいい(抜かなくてはならない)のか、を以下に列挙していきます。

 

虫歯

親知らずが虫歯になったら抜歯しなくてはならない、というわけではありません。

 

虫歯の状態によります。金属などの修復物で治せる範囲内であれば、患者様と相談のうえ保存処置を希望されれば抜歯ではなく虫歯治療が可能なこともあります。

 

ただ考えていただきたいのが、親知らずは一番奥にあり、非常に磨きにくい場所であるため、多くの方がケアしにくいということです。つまり、治療回数を何回もかけて通院していただいて治したとしても、治療前と同じ日常生活であったり口の中のケアをしていれば、虫歯が非常に再発しやすいということです。

 

患者様によりますが、口の中の清掃状況によっては、あえて抜歯のほうが長い目で見た場合良いこともあります。

 

親知らずの周りの歯ぐきが腫れる

親知らずの状況・歯が生えている向きによっては親知らずの周りが腫れやすいことも非常に多いです。腫れる原因としては、まず当然磨き残しが多い方は腫れやすいです。ただ磨き残しだけが腫れる原因でないのが親知らずの厄介なところなんです。その方のその時点での体調が良くないと腫れやすくなります。風邪をひいた、疲れがたまっている、寝不足…、こういう日常生活の些細な一時的なことが親知らずの周りの歯ぐきを腫らし、そして痛みを生じさせてしまいます。

 

多少の腫れやそれに伴う痛みなら、抗生剤(可能止めの飲み薬)や頓服(痛み止めの飲み薬)を飲んでもらえれば軽快することも少なくありません。ですが、飲んでも変わらない(場合によってはかえって症状が出てきた)時や飲んでその時は楽になってけど、またすぐ再発したというような時は、残念ながら抜歯を検討してもらったほうが良いでしょう。

 

手前の永久歯に悪影響を及ぼしている

痛みなど何もない状態であっても、手前の歯に悪影響を及ぼしていることがあります。よく下の親知らずの向きが悪い場合にレントゲン診査をすると発見されます(もちろん上でも起こることもありえます)。親知らずが真横や斜めの向きに生えていて、その結果磨きにくく親知らずの手前の7番目の永久歯に虫歯ができてしまったり穴が空いているようなことがあれば、前向きに親知らずの抜歯を検討していただいたほうが良いです。

 

抜歯後手前に虫歯もあるのなら、当然7番目の永久歯も虫歯治療まで終えて下さいね。

 

かみ合わせに問題を起こしている(起こす可能性がある)

これは上の親知らずに良くみられる現象ですが、例えば上の親知らずとかみ合う下の歯が無かった場合に、その上の親静がどんどん下に落ちてきてしまいます。落ちてくることによって、頬をよく咬むとか物が詰まりやすくなった、などと患者様が訴えることがあります。

 

これもレントゲンで確認の上、抜いたほうが賢明です。ただこの場合の抜歯は容易なことがほとんどです(短時間ですぐに終わります)。

 

親知らずが残っている方へ

上に書いたものだけが親知らずを抜歯したほうが良い条件ではありません。

 

なので親知らずが残っていて、抜歯すべきか経過観察でもいいのか心配な方や話を聞きたい方は、ぜひ一度近隣の歯科医院を受診し、検査をしたうえで説明を聞いてみてください。親知らずの状態は当たり前ですが、人それぞれです。

 

経過観察と説明を受けたとしても <今後どのような状態になったら抜歯を検討すべき> かは患者様ご自身で把握しておいた方が良い、と当院は考えています。

 

そして症状が無い場合でも定期的に歯科医院でレントゲン写真で変化が起こっていないかの確認は取ってください。歯科医院の考えによりますが、当院は1年半から2年くらいの間隔ではレントゲン写真を撮影し確認をしたほうが良いと考えています。

 

親知らずについて、もっとしっかりとした説明を受けたい方へ

親知らずが気になる 方は当院ホームページの親知らずについてのページをご覧ください(この1文の一番左をクリックしていただければ移動します)。

 

それでもまだ気になる方や、もっと詳しく確認してほしい方は、わだち歯科クリニックへお越しください。