当院としてのメンテナンスの考え方

投稿日:2016年8月31日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

たとえば生活習慣病の予防を考えたときに、

・食生活の改善(脂っこいもの、塩分など味の濃いものを少なくする)

・適度な運動 (運動する習慣をつける)

・ストレスや疲れをためない

・睡眠時間をしっかりとる

   ・

   ・

   ・

   ・

 

このような生活改善をすれば良いことはご存じだと思いますし、糖尿病や高血圧の様な慢性的な生活習慣病で内科に通っている方は、主治医から耳にタコができるくらい言われているかもしれませんね。 しかし分かっていてもなかなかできない方が多いのではないでしょうか。

歯科医院でよく言われるメンテナンスや定期検診も同様かもしれませんね。

 

虫歯や歯周病も生活習慣病です。日常生活において何か原因があり、その結果罹患してしまいます。 どのような生活をすれば虫歯や歯周病になりにくくなるかは、ほとんどの方がご存知ではないでしょうか。例えば甘いものを減らせば虫歯になりにくくなるとか、歯周病予防の1つがしっかり歯を磨くとか…(もちろんそれだけではありません)。

 

しかし長年の日常生活での習慣なので、甘いものやジュースを減らすのが難しかったり、歯ブラシの回数を増やすことができなかったりするのも簡単ではないはずです。つまり「言われなくても分かっているけど、実際できない(今までの日常生活を変えられない)」という方がほとんどではないでしょうか。

 

では、虫歯や歯周病の予防はどうすればいいのでしょうか?

当院では、まずはその人ができることだけをしっかりしてもらう、ことが重要だと考えています。

 

例えば予防に有効な行動や方法が5つあった場合、全部できる人も1つしかできない人も、どちらもともに素晴らしいということです。 たくさんできたほうがもちろん良いですが、それが難しいことも承知しています。1つでも日常生活の中に取り入れて下さったことが立派ですし、たとえ取り入れられなくても、取り入れようと頑張ったことだけでも素晴らしいのではないでしょうか。

 

それに、今は1つしか取り入れられなくても、来年は2つ以上できるようになっているかもしれません。

 

では、わだち歯科クリニックの役割は?

予防に有効な方法をできる限り情報提供することと、当院がご提案したことを患者様がどのくらい取り組んでくださったかに関わらず、その方の健康維持・健康増進のためにできる限り支援していく、ですがその方に負担をかけすぎない、という風にわだち歯科クリニックではメンテナンスについては考えています。

 

支援型予防歯科という発想

わだち歯科クリニックにメンテナンスにお越しいただいている方々の中には、徹底的な予防を望まれる方もいれば、負担の少ない範囲で希望される方もいらっしゃいます。 しかしメンテナンスにお越しいただいている全ての方々に共通していることは、健康というものを、医療従事者の押し付けではなく自分の基準で考え、健康を維持することで豊かな人生を送りたいと思っているということです。健康の定義は、お一人お一人違うのではないでしょうか。

 

わだち歯科クリニックでは、来院者の方々とお話を重ねることで、その方の健康観をできる限り把握し、その方が一番望まれるような形のメンテナンスを提供し、健康支援に貢献したいと考えております。

 

日常生活に予防習慣を取り入れてみませんか?

江南市犬山市大口町からもおかげさまでメンテナンスで来院される方が増えてきています。歯科医院での定期検診・メンテナンスにどうか高い壁を感じないでください。「定期的に美容室に行くイメージ」「時期が来たら車検を受けるイメージ」だと捉えてみてはいかがでしょうか。

 

ですが、定期的に歯科医院でメンテナンスをする習慣を日常生活に取り入れることができたら、将来はメンテナンスを全くしないより間違いなく大きく変わってきます。

 

大切な自分自身に対しての、将来への自己投資と考えてメンテナンス始めてみませんか?