インプラントの利点と欠点

投稿日:2016年8月23日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

今日はインプラントについて、およびインプラントの利点と欠点を書いてみます。

 

インプラントという言葉は聞いたことがある方は多いと思いますが、詳しく分かっていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方に少しでもわかってもらえれば、と思います。

 

インプラントって???

まずインプラントとは人工歯根のことを言います。最近ではチタン製のものが多くなっています。抜歯もしくは歯が自然脱落して、歯が無くなってしまったところに人工歯根を打ち込みます。そのインプラントが骨と安定したところで、補綴物(ほてつぶつ かぶせ物のことです)をそのインプラントの上に接着剤を用いてくっつけます。

 

インプラントの利点

食事がしやすい

保険治療で歯が無い部分を治療するときの治療法としてブリッジや入れ歯(義歯ともいいます)に比べると、食事がしやすいのが一番ではないでしょうか。インプラント>ブリッジ>入れ歯 の順に咬んだ時に力が強くなります。

インプラントはご自身の歯とほぼ同じように、不自由なく食事ができます。

 

違和感が少ない

保険治療の入れ歯は特に装着時の違和感が気になります。それに入れ歯は毎日取り外しをし清掃をしなければなりません。それに比べインプラントは、最終的な補綴物は接着剤でつけるために患者様ご自身での取り外しも必要ありませんし、違和感やわずらわしさを感じることはほとんど無いでしょう。

 

周りの歯に負担がかからない

ブリッジにする場合は、歯が無い部分の両隣(もしくはその周囲数本)を削らなければなりません。虫歯でなくても削る必要があります。上下のかみ合わせの都合で時には歯の神経を取る必要も出てくることもあり得ます。

入れ歯も、周りの歯に金属(クラスプといいます)でひっかけて(保持させて)安定感を求めます。そのために入れ歯を支える歯に負担がかかりすぎることによって、その歯の寿命が短くなることもあり得ます。

インプラントは、隣の歯を削ったり隣の歯を支えにすることはまずありません。これは個人的にはインプラントの非常に大きな利点だと感じています。虫歯でない歯を削られるのは嫌ではありませんか?

 

インプラントの欠点

保険適応でない

インプラントは保険適応ではありません。つまり自費治療になるということです。インプラントの手術代だけでなく、インプラントの上部構造(補綴物のことです)も保険適応外となります。インプラントの手術は自費料金で、かぶせ物は保険の材料で、、、というのは現在の日本の法律では認められません。

 

時間がかかる

多くの場合、インプラントを埋入し安定するのに3か月ほど経過待ちます。その後にかぶせ物を作っていくので完成品が入るまで時間がかかります。埋入手術も2回に分けて行うこともあります。1回目の埋入を行い3か月程度待ってから2回目を行い、さらに3か月程度経過を見て問題なさそうであればかぶせる、ことも少なくありません。そうなると最初の手術から最終的な完成品が入るまでに半年以上かかることもあり得ます。

 

全員の方ができるわけではない

歯が無いところに誰でもインプラントができるわけではありません。インプラントは骨の中に打ち込むので、骨の状態は良くない方は行えないことがあります。先ほど上でインプラントは時間がかかると書きましたが、インプラントの手術方法によっては短期間で終えれるものもありますが、それも骨の状況次第で施術可能かが決まってきます。

インプラントを支えるのに十分な骨が無い場合(歯周病などで)は、希望されても不可能なことも少なくありません。まずはかかりつけの歯科医院で相談してみて下さい。

 

最近のインプラント記事に対して

インプラントについては時々ネガティブなニュースが出ます。先日も某ゴシップ雑誌に記事が掲載されたようです。雑誌的にどうなのかと思っているので目を通していませんが、もしこのような記事を見て心配に思ったり疑問を感じることがあれば、どうかかかりつけの歯科医院の先生に聞いてみて下さい。

貴方のかかりつけの主治医の先生は、このようなゴシップ雑誌よりも信用できませんか?

 

最後に <当院が考える、インプラントをするときのあまりお勧めしたくない歯科医院> を書いて終わります。

 

値段が安すぎる歯科医院

インプラントは保険外治療です。歯科医院ごとに値段が決められています。ですが地域の相場というものはあるのでは、と思っています。恐らくですが当院がある扶桑町と名古屋駅や栄周辺の値段は多少かもしれませんが違うと思います。

歯科医院によってはインプラントの費用をホームページに掲載しているところも少なくありません。値段だけが比較検討材料ではありませんが、目安の1つではあると思います。そこで同地域他院と比較し、あまりにも値段が安価なところは避けたほうがいいと思います。

その医院だけ安価な理由は何なのでしょうか?

銀座のお寿司屋さんで、他に比べてあまりにも安いお店があったら「どうしてだろう・・・」と少しは疑問に思いませんか?

その医院だけが安い理由が何かあるのかもしれませんが、もしかしたらそれが安くせざる得ない理由なのかもしれません。

恐らくですが、その医院だけリーズナブルな理由はきっと正直には教えてもらえないのではないか、と個人的意見ですが思います。

 

CTが無い歯科医院

インプラントの手術前にはCTで骨の状態を確認したほうがいいと当院では考えています。歯科医院の中にはCTが院内に無く、近隣の病院にCT撮影を依頼しているところもあります。こういう医院の場合、手術後すぐにCT撮影を行い確認することができません。ほとんどの場合撮影で確認は不必要なのかもしれません。ですた想定外のことが起こったり、すぐ確認したいことがある場合に院内にCTが無いのは良くないと思っています。

 

最後に

もしインプラントをご検討であったりご興味がある方は、ぜひかかりつけの歯科医院で相談してみて下さい。お勧めのインプラントの歯科医院=かかりつけ医として信頼している医院、先生 だと当院は思っています。

仮にかかりつけの歯科医院がインプラントを行っていないのなら、それでもその先生がお勧めの歯科医院を紹介してくださったり親身に対応してくださるはずです。

 

 

長々と書いてきましたが、何か一つでも参考にしていただければ幸いです。