歯磨き粉の研磨剤

投稿日:2016年7月23日

カテゴリ:大人向けの歯のお話

先日お子様のメンテナンスで来院してくださってる保護者の方から受けた質問をもとにブログ更新します。

 

今日は歯磨き粉の研磨剤(歯磨剤 以下研磨剤と書いていきます)について、です。

 

個人的には歯磨き粉の研磨剤にはいいイメージを持っていません。たくさん入っていると歯がその粒子で削れてしまうからです。

 

CMなどで「歯を白くする」と謳っている歯磨き粉には、一応注意してください。

 

研磨剤の量が多く、それが歯の表面を激しく削った結果、歯が白くなった(ように見えている)ものがかなり多いのが現状で、そういう状態を危惧しています。

 

もちろん全てがそうではありませんので、気になる方はぜひ今何を使っているかを教えてください。希望される方には、その歯磨き粉がお勧めかそうでないかをお伝えさせていただきます。

 

歯磨き粉で歯を白くしたいのなら、かかりつけの歯科医院で歯科医師や予防のプロフェッショナルの歯科衛生士から、的確なアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

 

その方に合った歯磨き粉が必ずあります。

 

歯周病予防を第一に考えたいのか、歯を白くする効果のある歯磨き粉がいいのか、お子様ならフッ素が配合されたものがいいかもしれませんし(同じフッ素配合の物でも、コンビニやドラッグストアのものと歯科医院のものとでは、たくさんの違いがあります)、その方の口の中の現状を見てお勧めしたい歯磨き粉が我々歯科医療従事者にはあるんです。

 

歯科医院で取り扱っている歯磨き粉は、歯科医院ならではの効果やお勧めする(できる)理由があるんです。

 

ぜひお口の中に関心を持っていただき、歯磨き粉1つにも少しこだわってみてはいかがでしょうか。

 

ドラッグストアやスーパーで買い物のついでに、歯磨き粉が少なくなったから購入する…、というのは何だかちょっと寂しいです。

 

あとちなみにですが歯磨き粉の研磨剤で、仮に歯に虫歯があった場合、その虫歯を削ることは絶対にできませんのでご注意ください。

 

今日はこの辺で・・・。