立ち姿と虫歯・歯周病の関係、子供の姿勢と歯並びの関係

投稿日:2019年12月7日

カテゴリ:呼吸・姿勢・その他アンチエイジングコラム 就職・転職活動中の方へ

立ち方と口の中の環境の関係性を今日は書いてみます。

 

立ち姿(立った時の姿勢)と口の中の環境が関係していると聞いても「えっ!?」と思いませんか?そう思われる方がほとんどではないでしょうか。

 

実はそうでもないんです。

 

例えば、立っているときに重心が後ろにあると、奥歯が強くかみ合ってきます。そういう状態が続くと奥歯が欠けて穴が開いて、その結果虫歯につながることがあります。

 

奥歯ばかりに修復物(金属の詰め物やかぶせ物)が入っている方、もしかしたら単純に磨けていないから虫歯になっただけではないかもしれませんよ。

 

また、金属で治療をしても何度も外れてやり直しをしている方、あるいは金属の中に虫歯がすぐ再発してしまう傾向がある方、姿勢からくるかみ合わせのアンバランスが原因かもしれませんよ。

 

その他に、歯周病と姿勢も関係性があります。

 

先ほどと同様の理由で奥歯に負担がかかりすぎた結果、奥歯がぐらぐらしてきて歯周病が進行しやすくなることもあります。

 

なので、虫歯や歯周病を予防したければ、姿勢(立ち方はもちろん、できるなら座っているときの姿勢、さらに言えば寝ているときの姿勢も関係してきます)も意識して考える必要が本当はあるのかもしれませんね。

 

虫歯や歯周病だけではなく、歯並びにも悪影響を及ぼします。特に顎が発育途中のお子様にはそういう影響が現れやすいです。

 

口も足も距離(?)は離れていますが同じ人間のそれぞれ体の一部なので関係があるのは当然だと思いませんか?

 

体のどこかが悪ければ、その部分をかばうために他の部分に負担がかかりすぎてしまう。その結果その部分にゆがみが生じ、それがさらに他の部分に関係してくる・・・。

 

人間の身体は頭の先から足のつま先までつながっています。

 

 

次にここからは、子供の食事の時の姿勢について書いて書いてみます。

 

食事の時の姿勢?!? と思われましたか?

 

食事の姿勢が歯並びがきれいになるかに大きく関わってきます。

 

どういうことか、頑張って分かりやすく書いてみますね。

 

 

食事の時のイス、何を使ってますか?

 

イスについてですが、形や大きさ、色は何でもいいです。

 

ですが1つだけ、できれば徹底してほしいことがあります。

 

≪食事の時、お子様の足の裏全体が床に着くように工夫をしてください≫

 

食事の時のお子様の足の状態、気にしたことなんてほとんどないですよね??このブログを読んで下さったのなら、ぜひさりげなく食事の時足がどうなっているかチェックしてみて下さい。

 

足ブランブランしていませんか??

 

足がブラブラしている状態だと、咬む力は15~20%減少してしまいます。

 

「顎がしっかり成長発育すると、歯はきれいに並びやすくなります」

「顎を成長させるためによくかみましょう」

「顎を成長させるために硬いものを咬みましょう」

 

全ておおよそ間違っていないと思います。

 

ですが、最初から食事の時の姿勢が悪く、咬む力そのものが15~20%減少していたら、その姿勢のままではいくら硬いものを食事の時に咬ませても、よく咬んだとしても十分な成長は期待できません。

 

 

少したとえ話を出します。

 

逆立ちをするシーンを想像してみて下さい。

 

床に手を着けると思いますが、その手を床にどう着けますか?

 

・つま先だけ床に着けますか?

・手はグーにしますか?

 

しませんよね。

 

大きく手をパーにしませんか(それも普段じゃんけんする時のパーより手を広げようとしますよね)?

 

人は本能的に、地面に着地している面積が大きいほど力が入ること(力がかかること)を分かってるんです。

 

ぜひ今日から、食事の時足の裏全体を床にしっかり着けることを意識してみて下さい。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

(わだち歯科クリニックの特徴①)

歯並びを治すだけでなく歯並びが悪くならないために今できることも発信しています

 _矯正治療をしなくてもいいようなきれいな歯並びの子に育つことが理想ですよね。

 

(わだち歯科クリニックの特徴②)

赤ちゃん歯科 勉強しています

 _歯科医院で赤ちゃん時代からできること一緒に考えてみませんか?

 

(わだち歯科クリニックの特徴③)

何度も銀歯が外れる方 ご相談ください

 _何に(どこに)原因があるかご説明します。セカンドオピニオンも受け付けています。