ホワイトニングで差し歯は白くなる?

投稿日:2016年6月20日

カテゴリ:ホワイトニングコラム

よく聞かれる内容で今日はブログを書きます。

 

Q:ホワイトニングで今入っている白色の差し歯のかぶせ物も白くなりますか?

 

残念ですが、白くなりません。

 

差し歯や、他に前歯を保険治療する際レジンと言われるプラスチック製の詰め物で治療をすることが多いのですが、そういう詰め物やかぶせ物はホワイトニングでは色は変わりません。

 

そのために、ホワイトニングをする歯の中に(当院では上下で12本コース・16本コース・20本コースと別れています)、過去に治療をしたことがある歯がある場合は、ホワイトニングの後の再治療が必要になるかもしれません。

 

ホワイトニングして白くなった歯と以前の修復物の色に大きな差があり、それが気になる場合に再治療を検討してもらっています。別に患者様が違いを気にしない場合は、再治療は必要ありません(虫歯になっていなければ)。

 

「今入っているかぶせ物に合うようにホワイトニングはできないのですか?」とも時々聞かれます。これはできません。

 

なので前歯にたくさん虫歯治療を過去にしたことがある方は、ホワイトニング後の再治療の必要性も考慮してホワイトニングをするかを考えたほうがいいと思われます。

 

「先に治療をしてからホワイトニングでもいいでしょうか?」・・・、これも時々聞かれますが、この順番ではダメです。ここまで読んでくださった方の中にはダメな理由がもう分かっている方もいらっしゃると思いますが、詰め物やかぶせ物を新しくして、その色にホワイトニングの色を合わせることができないからです。

 

ですので、まずはホワイトニング→過去の修復物(治療したもの)の色が気になるなら、ホワイトニングで白くなった歯に合わせて修復物を作り直し、という順になります。

 

今日はこの辺で・・・。