足の爪と栄養|丹羽郡扶桑町の歯医者・歯科

新型コロナウィルス対策についてと歯科治療は必要至急?

キッズコーナー/バリアフリー

駐車場12台/屋根付き駐輪場

名鉄犬山線「扶桑駅」より車で5分

小児矯正

お問い合わせ・ご相談

ママ赤ちゃん子育て教室

スタッフ募集中

050-5210-2184

愛知県丹羽郡扶桑町大字高木 字白山前423番

足の爪と栄養

投稿日:2016年5月21日

カテゴリ:院長の独り言

足の指を見てみてください。小指の爪は他の指に比べて小さいのではないでしょうか。小さい人が多いと思います。これは他の指に比べて血行が良くないということなんです。

 

爪は皮膚が分化した組織で、指先を保護する役目があります。また指の触覚にとっても重要な器官で、爪が無くなると指先の感覚は鈍ってしまいます。

 

健康な足指の爪は1か月に約1㎜くらい伸びます(手の場合は1週間から10日で1㎜)。指の血行の状態が爪の成長に出るため、伸びる程度や爪全体の状態のチェックは時々してみてください。

 

1か月に1㎜伸びない場合は血行不良、つまり栄養不足かもしれません。

 

こんな爪1本から栄養状態が分かるなんて、人間の身体って面白いと思いませんか?

 

 

 

 

 


トップへ戻る