矯正治療をするなら抜歯は必要ですか?

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

先日来院してくださった方から聞いた内容をもとにブログ更新します。

Q:矯正治療するなら抜歯は不可欠なんですか?

誰だって抜かずに済むのなら抜歯はしたくないですよね。

お気持ちは分かります。

矯正治療で抜歯をする場合、多くの場合は4番目の永久歯を抜きます。

成人矯正の場合、抜歯をしてスペースを確保し、歯を抜いたことでできた(作った)スペースを利用して歯にワイヤーをつけて歯を動かすことが多いです。

小さなお子様の保護者の方には歯並びが気になるのなら、そういう矯正治療をせずに済むようにお子様が成人になる前に矯正治療に取り組んでもらいたいです。

具体的には小学生の時。

永久歯と乳歯がゴチャゴチャのこの時期は矯正装置で歯を動かしやすい時期でもあります。

いかに歯並びの不正を、問題の小さいうちに解決するか、が重要です。

それで解決できれば、抜歯矯正しなくていいですからね。

成人の方は、治したい歯並びの程度にもよりますが、抜歯が必要になることが多いのは事実です。

子供と違い顎自体の成長は終わっているからです。

そのためにスペースを何とかつくる必要があるので抜歯という手段を用います。

ただもちろん歯並びによっては抜歯をせずに治せることもあります。

そこはまずかかりつけの歯科医院の先生に話を聞いてみて下さい。

よければ参考にして下さいね