バクシネーターメカニズム

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

~地域の子供たちに 正しい情報を~

バクシネーターメカニズム・・・・、聞いたこと無い言葉ですよね?

言葉自体は気にしないで下さい。

簡単に大雑把にいってしまうと、「上下の歯の歯並び噛みあわせは、筋肉と深い関係がありますよ」という考えのことです。

???

言っていること分かりづらいですよね。

具体的にもう少しお話します。

舌も筋肉です。

舌による力で歯は内側から外側へ押されます。

一方、口唇や頬の力で歯は外側から内側へ押されます。

内側からの力と外側からの力のバランスの結果、歯並びができあがります。

例えば口呼吸のお子様を考えてみます。

口呼吸ということは常日頃お口がポカンと開いています。

その結果、口唇や頬からの外側から内側への力が弱くなります。

その結果どうなるか・・・。

もうお分かりですよね。

外側からの力以上に内側からの力 が歯にかかるので、歯は前に出てきます。

つまり出っ歯になりやすい、ということです。

お子様の歯並びが悪い場合、もしかしたらこういう力のバランスが悪い結果そうなっているかもしれませんよ。

わだち歯科クリニックでは、そういう所も考慮して説明や矯正治療を行っています。

~地域の子供たちに 正しい情報を~