永久歯への生え変わり

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

貴方のお子様のグラグラ乳歯が自然に抜けた場合、その歯を一度見て下さい。

歯の上(歯冠 しかんと言います)の部分しか残っていませんよね。

歯の根っこ(歯根 しこんと言います)はほとんど無いのではないでしょうか。

永久歯が出ようとし、その力で歯根が吸収していきます。

歯根が吸収することで少しづつ歯根は短くなっていきます。

歯を支えているのが歯根で、それが短くなる。

その結果どうなるかはもうお分かりですよね。

支えが少なくなる=歯がグラグラしてくる、 ということになります。

だから乳歯がグラグラして、最後に歯抜けるということになるんです。

ですが永久歯の位置が悪いと乳歯の歯根の吸収が起こりづらくなります。

そうなると乳歯が抜けていないのに永久歯が見えてきた、ということになってしまいます。

この現象は下の前歯によく起きます(他の部位にも起こる可能性はあります)。

仕上げ磨きをしていて「あれっ、乳歯抜けていないのに永久歯が見えてきているぞ」と気づいた時は近隣の歯科医院を受診してくださいね。

早めに抜いたほうがいい場合ももちろんあります。

でも全て抜かなくてはいけないわけではありません。

抜くべきか経過観察でいいのか、の診断を受けましょう。