乳児の受け口

投稿日:2016年3月30日

カテゴリ:子供の歯と歯ならびのおはなし

「泣いている時に受け口になるんです・・・」

時々こういう質問を受けます。

わだち歯科クリニックの考えとしては、3歳くらいまでは様子を見ます。

まず泣いている時だけであれば、成長とともに自然に無くなることも少なくありません。

噛みあわせ(食事の時)が反対咬合(受け口 噛むと上の歯より下の歯が前に出ることです)であっても、その年齢の時は経過観察しています。

というのも年齢的に小さすぎて何もできない(することが難しい)ためです。

ですが早いお子様ですと4歳くらいからマウスピース型の矯正装置を入れて反対咬合を治すことも可能なことも多々あります。

ですので、乳児期に反対咬合があり、それを保護者の方が気にされているなら、早いうちから歯科医院へ定期的に通って下さい。

そして歯科医院そのものに慣れていただいた方が矯正治療をする場合にもスムーズに移行しやすくなります。

低年齢の時でも行える事、行った方がいい事はあります。

その1つがフッ素塗布ですよね。

よければ参考にして下さいね。